x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  愛子さま激やせ

愛子さま激やせ、命にかかわる危険性がある?

編集者 星野 毅
2017.3.3 金曜日

2月21日、まもなく3月に卒業し、15歳になったばかりの愛子さまは登校の途中でお姿を見せられた。昔のベビーファットは既に見えなかった。側面から見ると、紙片人のように見え、「目測163センチの彼女は今の体重が40キロも足りない」と、ある雑誌が言った。その見る影もなく痩せは人に彼女の健康ぶりを心配させる。更に、メンタル面から見れば、彼女が順調に進学できるかどうか外界は疑問を抱いる。事実、外界の注目は既に愛子さまに心理的影響を与えた。その激やせ姿も専門家に彼女が拒食症に罹患することを疑わせる。

過去写真

最近、愛子さまの激やせは話題になった。前日皇太子さまが57歳の誕生日を迎えた際に、ご一家の写真がメディアに公開された、その中に頬がこけた愛子さまの姿を見せられた。《女性セブン》によると、愛子さまは先月第三学期の授業が始まって以来、一度も欠席していない。それに、バレンタインデーの時にも雅子さまと一緒にチョコレートを作ったが、前に撮られた写真の彼女が登校の時の真っ青な顔から見ると、何とかしないと命にかかわる恐れがありますと、精神科医の片田珠美氏が警鐘を鳴らした。

愛子さま
愛子さま

愛子さまは昨年の秋から体調不安によっておよそ一ヶ月学校を欠席したが、今は回復して、先週の土曜日も練習のため久しぶりに大きなチェロを背負って登校した。しかし激やせ状況は改善しなかった。《女性セブン》の情報によると、火曜日の時、登校中の素顔の愛子さまは見せられて、髪の毛は乱れていたし、顔色も悪い。そのため、ウェブでは愛子さまの健康ぶりを心配する声が多くなった。

愛子さま

「愛子さまのお変わり様は、摂食障害のうち、拒食症といっていい状態だと思われます。。客観的に見れば病的な変化でも、本人はそう思っていない。むしろ“私はどんどん美しくなっている”と、恍惚の快感を覚え、さらにやせようとする。この状態は、体重低下の負のスパイラルといえるでしょう。愛子さまの拒食は、すでに危険水域といっても過言ではありません。拒食症は長期化するケースも多く、一旦落ち着いた症状が、例えば成人後に仕事や家庭のストレスで再発することもあり、完全回復への道は険しいものなんです。メンタル面のケアも重要になってきますので、一朝一夕で“治った”なんてことにはなり得ません。」と精神科医の片田珠美氏は指摘した。


関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018