x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  アリババAI 人間 勝つ

AIは再度人間を勝てた、アリババAIの読解力は人間を上回る

編集者 馬井 殿人
2018.1.31 水曜日

近日、スタンフォード大学で開催された読解力テスト、即Stanford Question Answering Dataset(SQuAD)では、アリババが開発したAIは82.440の成績で人間の82.304を上回りました。


情報によりますと、SQuADテストは大規模機械読解データセットを使用し、その中に500以上のWikipedia文章による10万の質問が含まれています。テストの主旨は、機械学習モデルが大量な情報を処理して正確な回答を出せるかどうかを試したいということです。

AI

アリババ研究所・自然語処理首席科学者(iDST Natural Artificial Intelligence)の司羅氏はある公告に、「何故雨が降るのか」のような客観的な質問に対して、機械による答えの正確率が非常に高いと説明しました。この音声認識技術はカスタマーサービス、博物館案内、患者の医療質問に対するオンライン回答等の領域に応用でき、それによって、かつてないの方法で労力を節約できます。


この技術最大の突破は「ディープニューラルネットワーク」にあります。この技術は、人間が読解する時の行為を模倣できます。例えば、問題意識で文章の内容を何回も読み、閲覧中の読み逃しを回避するために標記する等の行為です。この技術は既にアリババ内部で多く利用されています。例えば、アリババが毎年行う11月11日「独身の日」のショッピングイベントについて、イベントルールに関して問い合わせるユーザーが大勢います。アリババはまずAIにルールを読ませてから、ユーザーにルール読解サービスを提供させます。AIと人間のインタラクティブを実現します。


今回のテストには、Microsoftも82.6という人間以上のスコアを獲得しました。他のAIは人間のスコアを超えることが出来なかったが、それでも高いスコアと言えます。例えば、アレン人工知能研究所、テンセント等の企業が開発したAIです。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018