x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone バックアップ 解析

iPhoneのバックアップを解析する方法

編集者 天川 北雄
2016.2.8 月曜日

普段ちゃんとバックアップを取れば、万が一iPhoneのデータが紛失しても、バックアップから復元できます。しかしApple公式のやり方では、復元するまでバックアップ内のデータを確認できません。それからバックアップファイルをiPhoneに復元すれば、バックアップ中のデータがiPhoneに上書きしますので、元々iPhoneにあるデータは全部消えます。バックアップの中身も分からないまま復元するのはなんか不安だと思いませんか?これについて心配している方に、一つパソコンでiPhoneのバックアップを解析できる方法を紹介したいと思います。

Apple公式の方法なら、バックアップファイルをiPhoneに復元するまで、中身を見ることはできませんが、専用ソフト「iPhoneデータ復元」を利用すれば、復元しなくても、iTunesやiCloudのバックアップを解析し、その中にあるデータを確認できます。「iPhoneデータ復元」はiPhone・iPad・iPod touch等のiOSデバイス専用のデータ復元ソフトです。これを使えば、復元しなくてもバックアップ中にある写真・動画・連絡先・メモ・メッセージ等を確認できます、便利ですね!ここからは詳しい操作手順を皆様に紹介します。


ダウンロードダウンロード

簡単にiPhoneバックアップを解析

モード1、iTunesのバックアップファイルを解析
モード2、iCloudのバックアップファイルを解析

モード1、iTunesのバックアップファイルを解析



ステップ1、まずは「iPhoneデータ復元」をパソコンにインストールします。「iTunesバックアップファイルから復元」をクリックすれば、ソフトはパソコンにあるiTunesバックアップを表示します。解析したいバックアップファイルを選び、「スキャン開始」ボタンを押してください。

iTunesのバックアップファイル

ステップ2、「iPhoneデータ復元」では、iTunesバックアップファイル中のデータをいくつの種類に整理しています。メニューからデータのカテゴリをクリックすれば、その種類全てのデータをパソコンで直接確認できます。さらにデータをチェックし、「復元」をクリックすれば、そのデータをパソコンに保存することもできます。

解析されたiTunesバックアップ

モード2、iCloudのバックアップファイルを解析



ステップ1、ソフトを実行し、「iCloudバックアップファイルから復元」を選択。次の画面にApple IDとパスワードを入力し、iCloudにサインインすれば、このアカウント下にある全てのバックアップは表示されます。この中に解析したいバックアップをダウンロードします。

iCloudバックアップダウンロード

ステップ2、ダウンロードが完成後、ソフトは自動的にバックアップファイルを解析します。解析が終ったら、このバックアップファイル中のデータをカテゴリ別で確認できます。モード1と同様、データにチェックを入れて、「復元」を押せば、そのデータをパソコンの任意場所に保存できます。

iCloudバックアップ解析

以上は「iPhoneデータ復元」を利用して、iPhoneのバックアップを解析する方法でした。今後、iPhoneを復元する前にまずバックアップを解析し、中のデータを確認すれば、復元後大切なデータが失うことも心配ないですね。更に、「iPhoneデータ復元」はバックアップなしの状態でもiPhoneの連絡先を復元できる可能性があります、もしご興味があれば是非使ってみてください。


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone バックアップ 解析

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018