x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Apple 保護者管理

Apple、保護者管理ツールの開発を約束

編集者 馬井 殿人
2018.1.24 水曜日

この前、二社の大株主から子供のスマホ依存症対策に対する懸念を受けた後、Appleは保護者より管理するツールを開発すると約束しました。スマホとソーシャルメディアの依存により、子供が悪い影響を受けていたことを人々に意識し始めた中、Appleはこの懸念をちゃんと取り除くことができない、と株式が合計で20億ドルのApple大株主二社は指摘しました。その故、この二つの株主は、Appleが子供の成長において「もっと重要な役を演じるべきだ」と促しました。


返事として、Appleは家庭内コントロール領域ではずっと「業界中でリードしている」と表明しました。Appleのスポークスマンは、「Appleは今までずっと子供たちに関心を寄せてきました。これからもパワフルな製品の開発に取り組んで、子供たちを励まし、教育する同時に、ツールを提供して保護者が子供たちをオンラインで保護できるよう力を尽くします」と述べました。

iPhone

Appleは2018年から、iPhoneが保護者コントロール機能を搭載し始た。当該機能は、子供が読める内容と利用できるアプリ、アクセス権限、プライバシー設定、パスワード設定などを制限することができます。これからこの機能がもっと効果を発揮できるよう、これからはより多くの保護者コントロール機能の提供するとのことです。


二社の株主がAppleに保護者コントロールを強化すべきの要求を提出する前にも、業界ではテクノロジーが子供たちに長期的な影響を与えることを心配しているの者はたくさんいました。スマホ依存症はもちろん、ソーシャルネットワークの利用も心配されています。一部影響力の高い企業者、例えばFacebookの元CEOのSean Parker氏は、子供がFacebookのサイトとサービスへのアクセスを阻止できなかったとFacebookを批判したことがあります。「我々にできることはソーシャルメディアを利用しない、そして自分の子供にもソーシャルメディアを使いさせないことです。」とFacebook元幹部のChamath Palihapitiya氏は語りました。


Appleは、この問題に関する専門家委員会の設立を約束してないし、研究関連のデータも公開されてません。しかしながら、同社は「消費者はどのように本社の製品を使用しているのか、本社の製品は消費者およびその周りの人にどんな影響をもたらすのかを深く考えました。我々は必ず消費者の予想以上で期待を叶います。子供保護に関しては特にそうです。」と表明しました。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018