x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone動作減速

AppleはiPhone旧機種の性能抑制を認める

編集者 馬井 殿人
2018.1.15 月曜日

一連の実験と各種類のデータ報告のあと、AppleはようやくiPhoneが突然シャットダウンを避けるためにiOSの新規システムに新しい機能を追加したということを認めました。簡単に言えば、バッテリーの安定性を維持するために、AppleはiPhone旧機種の性能を抑制していることです。


この問題を巡って検討を行ったユーザーが多くいます。バッテリーの老朽化が当たり前のことでAppleのせいではないと考えている人もいるし、通告もなしで旧機種の性能を抑えるについて不満を感じる人もいます。さらに、Appleは故意に旧機種の性能を抑制することによって利用者に新機種の買い替えをさせたいとの推測もあります。


この「新しい機能」は去年から追加され、初めて当該機能を搭載する機種はiPhone 6、iPhone 6sとiPhone SEです。最新のiOS 11.2の中、Appleはこの機能をiPhone 7シリーズにも搭載されました。尚且つ、この機能をその他のスマートフォンにも運用するとAppleは明言しました。

iPhone

「iPhone旧機種はバッテリー劣化に従って動作速度が減速される」という噂がされて時から、既に「新型iPhoneに買い替えさせる手段ではないか」と考えるユーザーがいます。米国などの国で訴訟が多発している中、Appleはやっと、これはバッテリー保護、スマートフォンのハードウェア保護、古い機種が勝手にシャットダウンすることを回避するためだと釈明しました。

保証

購入1年以内、或いはiPhone向け保証サービスの保証期間内ならiPhoneバッテリーの交換費用は無料ですが、保証対象外は通常8800円(税別)が必要です。しかしながら、iPhone 6以降の機種なら、2018年1月下旬から12月まで、日本では保証対象外の機種に対して従来の8800円から5600円減額され、3200円でバッテリー交換サービスが受けられると、Appleが発表しました。これは米国で発表された費用(29ドル)とほぼ同じです。

iPhone
関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018