x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  リンゴループ

「iPhone」リンゴループ状態になった時の復元方法

編集者 星野 毅
2016.12.27 火曜日

リンゴループ状態は、脱獄とiOSアップデートする時よく見かける事故で、スマホ文鎮化の一つです。この状態に、iPhoneは正常に起動できなく、起動画面は永遠にリンゴマーク表示して操作出来ません。その主な原因は、iOSをアップデート・脱獄される時、操作不当、強制終了・中途電源が切れるなどのことです。すなわち、iOSシステムが破損したことです。最悪の場合、iPhoneを初期化するしかありません。しかし、皆さんご心配なく、ここからはリンゴループを解除できるいくつの方法を説明します。

リンゴループ

方法一:セーフモードで再起動



セーフモードとは、購入後インストールしたのアプリを起動せず、iOSの純正アプリだけを起動する状態です。電源を切って、音量ボタン「+」を押してまま、電源ボタンを長押ししてiPhoneをオンします。

セーフモード

方法二:iTunesと同期する



この方法実はiPhoneのリカバリーモードを利用して、リンゴループ状態から復元する方法です。まず、電源を切ったデバイスを、ホームボタンを押したまま、iTunesのインストールされたパソコンと接続します。もしiTunesはデバイスを認識したら、「iTunesはリカバリーモードのiPhoneを見付けました」とメッセージが表示します。それからiTunesの提示に従えば、iPhoneをリンゴループから復元し、iTunesのバックアップもiPhoneに復元されます。

iTunes同期

「以上の方法もやってみましたが、iPhoneをリンゴループから復元できないです、初期化するしかありませんか?」
リンゴループに困られる方は、こういう質問があるのは普通なことです。諦めないでください、まだ方法があります。「iOSシステム修復」というiOSデバイスシステム修復専用ツールを使えば、iPhoneを簡単にリンゴループから復元することができます。ここで、皆さんに「iOSシステム修復」でのリンゴループ状態になった時の復元方法を紹介します。


方法三:「iOSシステム修復」でリンゴループ解除



ステップ1、パソコンにインストールした「iOSシステム修復」を起動して、その後デバイスをパソコンと接続します。「スタート」-「確認」の順でクリックしてください。それから、デバイスの情報はソフトに表示され、情報を確認した後、「修復」を押します。

情報確認

ステップ2、「修復」ボタンをクリックすると、リンゴループに対応するファームウェアパッケージのダウンロードが始めます。ダウンロードが成功した後、リンゴループからの復元が開始されます、完成するまで少々お待ちください。「修復が完了」提示が現れば、iPhoneのリンゴループは解除し、再起動した後正常に使用できます。

修復完了

ちなみに「iOSシステム修復」は二つの修復モードがあり、以上紹介したのは簡単修復モードです。簡単修復できない場合、高級修復モードに移ることが可能ですが、それを使ってしてリンゴループを解除すれば、iPhoneは初期化されます。もし事前バックアップを取ったことがなく、データが紛失しまった場合、弊社の「iPhoneデータ復元」はなくなったデータを復元できるかもしれませんがので、需要があれば、ぜひ試みてください。



関連記事
リンゴループ

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018