x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Apple Watch3 発表

Apple Watch3発表、セルラー通信が可能になる

編集者 馬井 殿人
2017.9.15 金曜日

9月13日、アップルは第三世代のスマートウォッチApple Watch3を正式発表しました。当該ウォッチの最大の変化はセルラー通信対応、そして単体で電話をかけられるようになりました。


アップル発表会上の紹介によりますと、今年Apple Watchの利用者は去年より50%増になり、利用者の満足度が97%に達しました。現在、アップルは既に世界二位のスマートウォッチメーカーになりました。


Apple Watch3 の見た目は従来モデルと同じですが、カラーにピンクが新しく増え、後ろのカバーがApple Watch2より2.5mm厚くなり、約紙二枚の厚さです。性能が強くなったデュアルコアプロセッサを搭載するので、機能が70%増強しました。今回、最大の変化はセルラー通信が可能になり、そして単体で電話をかけられることです。

Apple Watch 3

アップルは多くのアンドロイドウォッチのように、ウォッチの中にSIMカードを内蔵するわけではなく、バーチャルSIMカードをサポートするのです。アンテナが新しくデザインされて、スクリーンの枠もその一部なので、WiFiとの接続スピードが85%増、電池消耗が55%減になります。AirPodsと接続可能のため、アウトドアでも音楽をかけることができます。真新しいオペレーティングシステムのWatchOS 4を利用するので、心拍数を細かく計測でき、いつでもSiriでナビゲーションすることやLINEを利用することも可能です。


Apple Watch3セルラー対応なしのモデル価格は329ドル(3万6800円)、セルラーモデルが399ドル(4万5800円)です。予約販売は9月15日より開始、発売日は9月22日です。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018