x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  AR/VR過去1年買収規模

AR/VRはまだ発展初期、過去12月の買収規模はただ6億ドル

編集者 星野 毅
2017.4.25 火曜日

最近AR(拡張現実)とVR(仮想現実)に関するニュースや情報はどんどん増えていて、いろんなどころで話題になり、多くの注目を集めています。しかしテクニックブログ「VentureBeat」4月24日の報道より、Facebookは2014年に30億でOculusを買収したことで世界を驚かしたが、ARとVRはいまだ発展の初期で、大規模な買収交易は少ない。

AR・VR

市場調査会社Digi-Capitalに発表されたAR/VRの第一四半期市場研究報告と交易データベースに追跡された過去データより、過去12月でAR/VRに関するの買収規模はただ6億ドルです。


投資は買収より速いのがテクノロジー市場初期の典型的な表現です。合併で主導を求める或はコストを下げるのではなく、ほぼすべての企業は投資を通して増長を求める。しかしAR/VR市場規模が大きくになるとともに、買収交易も増るはずです。大手テクノロジー企業は主に積極的に経営戦略を検討して、買収の領域と目標を選択する。ベンチャー会社も一定規模になる前には大手企業の庇護を求める。

研究報告

現在、二つの主流VRデバイスOculus RiftとHTC Viveは既に数十万のユーザーがあるが、Digi-Capitalの予測によると、VRデバイスユーザー数が2000万を超えるのは最短でも2020年末まで、3年以上の時間が必要。


一部のAR/VR領域は既に混雑になって、数百社のベンチャー会社が同じ領域の初期ユーザーを争奪している。その中ベンチャー会社は最も多い領域はVRビデオとVRゲームです、現在VRビデオとVRゲームに関して開発する会社の中には財政問題ある会社がどんどん多くなった。FacebookはF8大会にARプラットフォームを公開した後、来年モバイルAR領域に大きな投資を得て、快速向上を実現すると予想される。その前に、今年VRビデオとゲーム領域も整合的な買収交易が出現するだろう。


実はAR領域にも最近大きの買収交易が出現したが、大きな関心を集めなかった:インテル社は1.75億ドルでARガラス会社Reconを買収した。FacebookがARプラットフォームを発表した後、アップルとサムスンもAR市場への進撃を開始した、モバイルARはこれからAR領域の主導形式になるかもしれない。どちらにせよ、2017年はAR/VR企業も市場全体にとっても肝心の一年になるかもしれない。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018