x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPad データ バックアップ

iPadのデータをバックアップする三つの方法

編集者 橋本 学
2018.5.30 水曜日

iPadのユーザーとして、iOSのシステムアップグレード或いは機種変更、データを共有したいと色んな原因でデータバックアップをしなければならない場合が多いと思われます。だからここで、皆さんにiPadをバックアップする三つの方法を紹介したいのです。iCloudでデータをサーバーにバックアップしたい方でも、パソコンへちゃんとバックアップを取りたい人でもご参考になれば幸いです。



1、iCloudでiPadのデータをバックアップする
2、iTunesでiPadのデータをバックアップする
3、「iOSデータバックアップ・復元」でiPadのデータをバックアップする


iCloudでiPadのデータをバックアップする



まず紹介したいのは皆さんにもよく知っているはず、Apple公式なクラウドサービスのiCloudを使って、iPadをバックアップする方法です。この方法にはデバイス本体で操作するだけで十分です、パソコンを持てない、もしくは苦手な方にはこの方法をお勧めします。


1、最初はホーム画面から「設定」アプリを見つけて、タップしてください。

iPad クラウド 設定

2、そして「設定」画面の左メニューで「iCloud」をタップし、もしサインインしてないなら、まずApple IDとパスワードを入力してサインインしてください。

iPad クラウド タップ

3、サインインしたらこの画面になります。同期したいデータのスイッチをオンにして、「バックアップ」をタップし、バックアップ機能が有効にされているのを確認します。

iPad クラウド バックアップ
iPad バックアップ タップ

4、これで画面で表示される説明通り、一定の条件を満たせば、iPadは自動バックアップできます。下にある「今すぐバックアップを作成」ボタンで今すぐバックアップを取ることも可能です。

iPad バックアップ 現在

次に紹介するのは同じくAppleの公式管理ソフトiTunesでiPadをバックアップする方法です。ちゃんとパソコンでバックアップを取るのが安心だと思う方々にはその使用方法をご覧下さい。


iTunesでiPadのデータをバックアップする



iTunesはAppleの唯一なモバイルデバイス向け公式データ管理ソフトをして、データバックアップ機能は勿論搭載してあります。以下の説明通りに操作すれば、iTunesでiPadのデータをパソコンにバックアップできます。ご参考ください。


1、まずはLighting USBケーブルでiPadをパソコンへ接続して、iTunesを起動します。iTunesがデバイスを認識できたら、小さなアイコンが出でくるはずです。それをクリックして進みます。

iPad バックアップ アイコン

2、バックアップ位置を「このコンピュータ」に選択し、「今すぐバックアップ」をクリックして、iPadのデータをバックアップします。

iTunes バックアップ 現在

3、バックアップの進行状況は一番上で見えます。完成まで暫く待ってください。

iTunes バックアップ中

4、バックアップが終わったら、一番上にAppleのアイコンになり、右下には最新のバックアップ日付が表示します。

iTunes バックアップ 完成

iTunesでiPadのバックアップを取る場合に、データはCドライブに保存されるので、Cドライブの容量不足でバックアップを取れない可能性もあります。だからCドライブに空き領域が少ない方には次のバックアップデータ保存先が自由に選択できるのソフトがお勧めます。


「iOSデータバックアップ・復元」でiPadのデータをバックアップする



iOSデータバックアップ・復元とはSafariの履歴、写真、連絡先、メッセージ、音楽、ビデオなど色んなiPadデータを一括バックアップできるiOSデバイス向け全能的なバックアップソフトです。iPad・iPad Air・iPad Mini・iPad Proなど全機種を対応できます。バックアップを暗号化して、プライバシーを守ることが可能、バックアップされたデータの保存先も自由に選ぶことができます。それではこれから、その使用方法をご覧下さい。


1、ここでWindowsとMacのユーザーに二つバーションの「iOSデータバックアップ・復元」ダウンロードボタンが用意しています。相応なバーションを選んで無料ダウンロードができます。インストールされたソフトを起動したらメイン画面から「iOSデータバックアップ・復元」をクリくしてください。


2、バックアップしたいiPadをパソコンへ接続してください。接続完成後、この画面で「iOSデータバックアップ」と進みます。

iOS データ バックアップ 復元

3、バックアップモードには二つ選択肢があります。「標準バックアップ」とは簡単にデータをバックアップして、そして「暗号化バックアップ」とはバックアップデータにパスワードを掛けることです。暗号化する場合には、パスワードを忘れてしまったら暗号化されたデータは取り戻せないので、ご慎重を。バックアップモードを決めったら「スタート」ボタンを押します。

iOS データ バックアップ 開始

4、次のステップにバックアップしたいのデータ類別を一括選定し、「次へ」で進みます。バックアップを始める前には保存先設定するポップアップが出できますからそこでご希望のルートへ指定してください。

iOS バックアップ データ 選択

5、全てのデータを全部バックアップするには少々時間がかかりますかもしれませんが、iPadとパソコンの接続を守ってながら暫く待ってください。

iOS バックアップ 完了

以上では、iPad本体でiCloudへデータをバックアップする方法及びパソコンのiTunesと「iOSデータバックアップ・復元」を活かしてデータをパソコンへバックアップする方法を紹介しました。どれを選んでも確実にあなたのiPadのデータを守るに役に立てるはずですから、早速バックアップを取りに行きましょう。


関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018