x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone データ バックアップ

iPhone中のデータをPCにバックアップするやり方

編集者 天川 北雄
2016.2.2 火曜日

iPhoneにあるデータを失わないために、定期的にバックアップすることが必要です。そして現在iPhoneのデータをバックアップできる場所と言えば、主にPCとクラウドストレージの二つです。クラウドストレージを提供するサービスはいっぱいありますが、データの転送速度はネット環境に大きく左右されていて、容量やファイルのサイズ等、いろんな制限もありますので、もしPCがあれば、やはりPCの方でバックアップするほうがいいですね。今回は皆様に一つ、簡単でiPhoneのあらゆるデータをPCにバックアップできる実用的な方法を紹介します。


Apple公式のiTunesを利用すれば、iPhone中のほぼ全てのデータをPCにバックアップできますが、バックアップされたデータは普段確認することができません、復元もバックアップ全体をiPhoneに上書きするしか出来ません、ちょっと不便ですね。ここで皆様に一つもっと簡単の方法を紹介します。データ転送専用ソフト「iPhone転送」を利用すれば、簡単にiPhone中の写真・音楽・連絡先・メッセージ・メモ・動画などいろんなデータをPCにバックアップできます。バックアップされたデータはいつでも確認でき、動画と音楽等は直接パソコンで再生することもできます。バックアップの詳しいやり方については以下をご参考ください。


ダウンロードダウンロード

簡単にiPhoneのデータをバックアップできる方法



ステップ1、PCのOSによって、Windows或いはMac版のソフトをダウンロードし、インストールします。iPhoneとPCをケーブルで接続して、ソフトを実行すれば、iPhoneは認識され、PCでその容量や機種、iOSバーションなどの情報を確認できます。

iPhoneを接続

ステップ2、画面左側にあるメニューから、現在iPhoneなかにあるデータを種類別で確認できます。ビデオや音楽等をダブルクリックすればPCでそれらを再生することもできます。PCにバックアップしたい場合、データにチェックを入れて、「エクスポート」から「PCへエクスポート」をクリックすれば、選択されたデータはPCにバックアップされます。バックアップ先もPCの任意位置に設定できます。

データをバックアップ

この2ステップだけで、簡単でiPhoneのデータをPCにバックアップできます。iTunesと違って、バックアップされたデータはいつでも確認できます。復元したい時は同じ「iPhone転送」を利用すれば、バックアップされた写真・ビデオ・連絡先・音楽をiPhoneに転送できます。更に「iPhone転送」での復元はデータを上書きではなく、iPhoneに追加するので、元々iPhoneなかにあるデータにも影響しません、まさに便利ですね。もしご必要な方があれば、「iPhone転送」をダウンロードして、使ってみるのはどうでしょう?


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone データ バックアップ

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018