x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone バックアップ ソフト

【2018最新版】iPhoneバックアップソフトオススメ

編集者 橋本 学
2018.9.27 木曜日

iPhoneの新型機種に乗り換えたくて、現在使用中のiPhoneからデータをバックアップしたいですか?現在のインターネットで簡単に色んなiTunes代替品が探し出せるが、その中にバックアップスピードや使い勝手の良さがイマイチなツールもあります。ここで一つ簡単な操作でiPhoneのデータを選択的バックアップ出来る、iPhone使用者の皆さんにもよく推薦されるiPhone向けデータバックアップ専門ソフト「iOSデータバックアップ・復元」を紹介させてください。もしデータ紛失を防ぐ必要があれば、このソフトでデータをパソコンにバックアップしましょう。


バックアップされるデータの内容を確認したい場合では、直接に「iOSデータバックアップ・復元」にバックアップファイルの中身を見えるからとっても便利です。さっそくですが、これからはiOSデータバックアップ・復元の使い方法について案内したいと思います。もしこのiPhoneバックアップソフトに興味があれば是非ダウンロードして、無料体験してください。


iPhone向けバックアップソフト「iOSデータバックアップ・復元」の使い方



Apple公式のバックアップアプリiCloudでも、公式バックアップソフトiTunesでも優れたバックアップツールとはいえ、インタフェイスのデザインや使用上の問題で普通のiPhoneユーザーによく複雑だと言われています。「便利で使いやすい、頼もしいバックアップツールが欲しい」という願いから、「iOSデータバックアップ・復元」が開発されました。


1.ソフトを起動して、バックアップしたいiPhoneをパソコンへ接続


このステップでは「iOSデータバックアップ・復元」>「iOSデータバックアップ」の順序でバックアップ機能に入ってください。もしソフトを正確に起動できないならば、ソフトアイコンから右クリック、選択肢の中に「管理者として実行」を押してください。

iOS データ バックアップ ホーム

2.バックアップモードを選択


「iOSデータバックアップ・復元」では通常の「標準バックアップ」モードと「暗号化バックアップ」モードがあります。もし大事なプライバシーデータを保護する為にパスワードを掛かりたい方には暗号化バックアップモードがおすすめです。

バックアップ 開始

*バックアップデータの保存先を指定したい方には、環境設定を開いたら自由に新しい場所を指定出来ます。

iOS バックアップ 復元 設定

3.バックアップしたいデータタイプを選択


バックアップモードの後はバックアップするデータタイプの選択です。データ全体がカテゴリ別で表示されるこの画面で、バックアップしたいデータの類別にチェックを入れて、「次へ」のボタンで進みます。バックアップは少し時間が掛かるので気長く待ってください。

選択 データ 種類

選択されるデータを全部バックアップ完了後、以下のような画面が表示されます。バックアップ完了画面でバックアップされるファイルのサイズ等の情報が見えます。必要なデータが誤って選択されずにバックアップされてない場合は「もっとバックアップ」のボタンで直接にバックアップ手順を繰り返すことも出来ます。

バックアップ 完成

4.バックアップされるiPhoneデータを取り出す


もしiPhone本体にデータ紛失が発生した、もしくは機種変を行い場合では、バックアップファイルされるデータを取り戻すのが必要になります。この時はソフトメイン画面>「iOSデータバックアップ・復元」>「iOSデータ復元」の順序で進んでください。ソフトのデータプレビュー画面から直接にバックアップされるデータの中身を確認して、データをパソコンに取り出すことが出来ます。

プレビュー 写真 カメラロール

以上では「iOSデータバックアップ・復元」の使い方紹介になります。データを守るのが大事だから、常にパソコンで重要なデータのバックアップを取る習慣を身に付けるのが一番だと思います。さて、興味がある方は早速ダウンロードボタンを押して、この便利なiPhoneバックアップソフトを無料体験してみましょう!


関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018