x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone バックアップ パソコン

iPhoneをパソコンにバックアップできるオススメツール

編集者 天川 北雄
2017.10.24 火曜日

iPhone(アイフォン)は多彩な機能を搭載する大人気スマートフォンです。一つのiPhoneだけで写真や動画を撮る、ビデオや音楽を楽しむ、読書、録音などいろんなことができます。便利ですが、こんなに大量なファイルがiPhoneだけに保存すると、万が一iPhoneが故障、もしくは紛失した場合、中のデータは全部なくなります。こんな事態を防ぐため、iPhone中のファイルをバックアップすることが必要です。


iPhoneはネットにバックアップできます。一番よく知られているのはApple公式iCloudというサービスでしょう。iCloudを使えば、ネットにiPhoneのバックアップを取れます。しかし無料で使えるiCloud容量は5GBだけです。もしiPhoneの情報やファイルが多いなら、金を払って容量を購入必要があるかもしれません。或いはパソコンでバックアップするのもいい選択です。iCloudなどのネットストレージと比べて、パソコンでiPhoneをバックアップすれば、容量はあまり心配する必要がありません。


iOSデータバックアップ・復元」はFonePawがリリースした最新のiOSデータバックアップツールです。これを使えばパソコンの中にiPhone・iPadなどiOSデバイスのバックアップを取ることができます。もしご興味があれば以下のバックアップ手順をご参考ください。




iPhoneをパソコンにバックアップする


ステップ1、まずソフトをパソコンにダウンロードします。ソフトを起動して、「iOSデータバックアップ・復元」を選択すれば、以下の画面が見えます。iPhoneをパソコンにバックアップしたい場合、「iOSデータバックアップ」をクリックしてください。

機能選択

ステップ2、iPhoneとパソコンを接続して、バックアップモードを選択します。暗号化バックアップを選択する場合、パスワードを設定でき、将来バックアップからデータを復元する時、正しいパスワードを入力する必要があります。モードを選択した後、「スタート」をクリックします。

バックアップ開始

ステップ3、Apple公式の方法はiPhone全体だけをバックアップしますが、「iOSデータバックアップ・復元」ではバックアップするデータを自分で選ぶことができます。バックアップするファイルの種類をチェックして、「次へ」をクリックします。

データ選択

ステップ4、するとiPhoneのバックアップが開始します、完成するまで少々お待ちください。バックアップが終了したら、バックアップファイルのサイズや名称が表示されます。

バックアップ完成

これでiPhone中の写真・動画・連絡先などのファイルをパソコンにバックアップできます。パソコンに保存されているバックアップファイルは同じく「iOSデータバックアップ・復元」でプレビューでき、必要があれば中のデータを選択して、パソコンの任意位置に復元することができます。一部のデータは直接iPhoneにも復元可能です。



関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018