x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 動画 バックアップ

簡単にiPhoneの動画をPCにバックアップする手順

編集者 天川 北雄
2017.11.21 火曜日

iPhoneのカメラでいつでもどこでも簡単に動画を撮影できます。それから機能や技術の向上とともに、撮る動画の画質も上がっています。シリーズ最新機種のiPhone Xは「TrueDepthカメラ」を搭載し、カメラの性能が更に進化します。しかしそれに伴うのは動画ファイルのサイズ増大です、iPhoneの容量は固定で、SDカードなどで拡張することができません。そのため、もし動画を撮りすぎると、iPhoneのストレージを大きく占用します。大切な動画を削除するのは惜しいです、この問題の対処法として、iPhoneの動画をPCにバックアップすることをお勧めします。


iPhoneの動画をPCにバックアップすれば、たとえiPhone本体から動画を消去しても、データを失うことがありません、必要があれば、直接PCで動画を見ることもできます。これでiPhoneのストレージを節約でき、動画のデータを失わずに済むです。iPhoneの動画をバックアップするには「iOSデータバックアップ・復元」がお勧めです。「iOSデータバックアップ・復元」はiPhone・iPadなどiOS端末のデータをパソコンにバックアップする専用ツールです。Apple公式のiTunes・iCloudと違って、このソフトではバックアップするデータを選択でき、バックアップの時間を節約できる上、バックアップファイルのサイズも抑えます。バックアップから特定のデータを取り出すのも簡単です。




iPhone動画のバックアップ方法


ステップ1、ソフトのインストールパックをダウンロードして、ダブルクリックしてソフトをインストールします。ソフトホーム画面から「iOSデータバックアップ・復元」をクリックしてから、「iOSデータバックアップ」を選択します。

機能選択

ステップ2、USBケーブルでiPhoneとパソコンを接続して、バックアップモードを選んでください。もしバックアップデータの安全性を増えたいでしたら、パスワードを設定できる「暗号化バックアップ」モードがいいでしょう。

モード選択

ステップ3、あとはバックアップするデータの選択です。「iOSデータバックアップ」で対応するデータの種類については下記画像をご参考ください。iPhoneの純正「カメラ」アプリで撮った動画は「カメラロール」で保存されていますので、動画をバックアップしたい場合は「写真」をチェックしてください。もし他のアプリで撮った動画もありましたら、「Appビデオ」にもチェックを入れてください。

バックアップデータ選択

ステップ4、「次へ」をクリックすればバックアップは開始します。バックアップは自動で行うので、完成するまで少々お待ちください。バックアップが完成したら画面は以下のようになります。

バックアップ完成

バックアップされたデータを確認したい場合、ホーム画面から「iOSデータバックアップ・復元」を選択してから「iOSデータ復元」をクリックしてください。バックアップ中身を確認する、もしくはバックアップから動画を取り出すこともできます。



関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018