x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 操作 できない

iPhoneの画面を操作できない時対処方法

編集者 星野 毅
2017.4.26 水曜日

iPhoneを使している時、画面が突然に操作できなくなった!こういう時はどうすればいいか?画面が操作不能の原因はたくさんあり、スクリーンが壊れた或はiOSシステムが異常状態に陥るなどの可能性もあります。スクリーンが壊れたなら基本修理に出すしかないですが、もしシステムの異常が原因でiPhoneが操作できない時、普通の解決方法はiPhoneを再起動することです。iPhone6s / iPhone6s Plus以前の場合、電源ボタンとホームボタンを同時に10秒長押し、iPhone7 / iPhone7 Plusの場合、電源ボタンと音量ボタンのマイナスを同時に10秒長押してiPhoneを強制終了し、そのから再起動を行います。しかしもし再起動でもiPhone操作不能の問題を解決できないなら、「iOSシステム修復」がオススメです。


iOSシステム修復」はiOSデバイスの使用中に、画面が操作不能・ブルースクリーン等のiOSシステム異常状態を修復できるソフトで、初代iPhone 3GSから最新のiPhone 6s・iPhone 7も対応できます。「iOSシステム修復」は標準モードと高級モード、二つの修復モードを搭載して、状況によって適切な方法を採用してiOSデバイスを正常利用できる状態に戻れます。では「iOSシステム修復」でのiPhoneの画面を操作できない時対処方法を勉強しましょう。

iPhone画面が操作不能の対処方法



ステップ1、パソコンにダウンロード・インストールした「iOSシステム修復」をダブルクリックで起動します。そして画面が操作できないiPhoneをパソコンと接続して、ソフトの提示によって「スタート」→「確認」の順でクリックします。

iOSシステム修復

ステップ2、その後「iOSシステム修復」はお持ちデバイスのモデル番号などの情報を表示します、デバイスの背面からデバイスの番号がソフトに表示される情報に合うかどうかを確認してください。間違いないなら「修復」をクリック、すると修復が始まります。「修復が完了」の提示が現れるまでしばらくお待ちください。完成したら、デバイスを再起動した後正常に利用できます。

修復完了

iOSシステム修復」で修復したアイフォンは、最新のiOSにアップデートされます、もしiPhone脱獄したら、修復完成した後は入獄状態ですので、ご注意ください。「iOSシステム修復」は画面操作不能、ヘッドフォンモードに陥るなどの異常状態も修復できるが、もし修復できない場合、ハード面に不具合が出た可能性があります。。ハードウェアの問題なら、専門の修理業者に修理をもらった方が勧めです。


関連記事
iPhone 操作 できない

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018