x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  セラミック制iPhone

傷が残らない!セラミック制のiPhoneは開発中?

編集者 星野 毅
2017.2.8 水曜日

iPhone 7は去年10月から発売された。その中、ジェットブラックのiPhone 7は大きな人気が集めているが、アルミニウム合金が原材料なので、指紋やキズが残しやすい。この問題に困られる方は少なくないですね。最近、アップル社はセラミックを研磨する技術の特許を申請して、次のiPhoneはセラミック材料で製造する可能性があります。

ジェットブラックiPhone
ジェットブラックiPhone

PatentlyAppleの報道より、最近アップル社はアメリカ特許許可局にレーザーでセラミック素材を精密に研磨加工する新技術ーを申請した。この技術はジルコニウムやサファイアといった透明の物質で構成されるセラミック素材の表面をレーザーを使って磨くことです。目的はセラミック制の部品の表面に研磨して、特殊な研磨表面を作る。去年、セラミックをケースに採用したApple Watch Editionは登場した。そこから見れば、アップル社はApple Watchにセラミック材料を利用するだけでなく、iPhoneにこの材料も利用してもおかしくはない。

特許

アルミニウム合金より、セラミックの硬さは高いからキズが残りやすいの問題を解決できる。しかし、セラミック制のケースの製造はとても複雑で、かなりの労力と設備が求められるそうです。セラミックをケースに採用したApple Watch Editionの価格からでもその製造の難しさがわかる。スポーツハンドル付き白いセラミック制42mm Apple Watchの価格は130,800円(税別)に達する。セラミック制iPhoneの価格も低いではないだろう。

セラミック制iPhone

しかしながら、アップル社は今まで数多くの特許を申請した、これらすべてが実用されるとは限らない。2017年にセラミック製iPhoneが実際に登場するかどうかはわからない。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018