x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Apple ID 変更

Apple IDのメールアドレスを変更する方法

編集者 星野 毅
2017.7.7 金曜日

Apple IDの使い道は広い、iCloudでのバックアップ、AppStoreでの買い物などをする時Apple IDが必要です。もしApple IDのメアドをキャリアのメールアドレスで登録したら、キャリアを変わると、以前利用しているメールアドレスが使えません、面倒ですね。そうなると、AppStoreでの買い物などをできず、iCloudなどのバックアップファイルを復元することもできません。そのためApple IDのメールアドレスを変更する必要があります。では、ここからはApple IDのメールアドレスを変更する方法を紹介します。

Apple ID

一、Apple IDのメールアドレスを変更する方法



1、まずブラウザで「Apple ID を管理」ページにアクセスして、Apple IDとパスワードを正しく入力する。
2、その後セキュリティ質問が表示され、答えを正確に入力した後「続ける」を選択すれば管理ページに入れます。
3、「アカウント」のタグに「編集」をタップし、「Apple IDの変更...」をタップする。
4、Apple ID として使用する新しいメールアドレスを入力して、「続ける」を押する。
5、その後確認コードがそのアドレスに送信され、そのコードをページに入力する。
6、これでApple IDメールアドレスの変更が完成しました。新しい Apple ID (メールアドレス) で Apple のサービスにサインインし直すしてください。

アドレス変更

二、2ファクタ認証がオンにしている時のメールアドレス変更方法



2ファクタ認証がオンにしている時のメールアドレス変更方法は、方法一と大体同じですが、サインインしている際、確認コードは携帯に送信されます。


1、「Apple IDを管理」ページにアクセスして、Apple IDとパスワードを正しく入力する。
2、2ファクタ認証の提示が現れ、確認コードが登録用の電話番号やメールアドレスに送信される。
3、そのコードを入力した後、自動にAppleアカウントにサインインする。
4、「アカウント」の「編集」そして「Apple IDの変更...」をタップする。
5、新しいメールアドレスを入力した後、2ファクタ認証の提示が再度現れる。
6、前回と同じ、登録用の電話番号やメールアドレスに送信した確認コードを正しく入力すれば、Apple IDのメールアドレスが完成です。

確認コード

三、iPhoneでiCloudサインインメールアドレス変更方法



この場合、Apple IDアカウントの管理ページにサインインする時、iCloudから「Apple ID サインインが要求されました」の位置情報アラートが登録したデバイスの画面に表示されます。確認した後「許可する」をタップ、6桁の「Apple ID確認コード」が登録そたデバイスに送信される。それから方法一のステップ3から従えばメールアドレスの変更が完成です。

確認コード

Apple IDにログインする時、もしパスワードが忘れたら、アップルIDのパスワードが忘れた時の対処法をぜひご参考ください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018