x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone メモリ 解放

簡単にiPhoneのメモリを解放できる方法

編集者 天川 北雄
2016.2.12 金曜日

iPhoneを使っている皆さんは、メモリ不足により、動作が遅くなる状況を遭ったことありますか?iPhoneのメモリが足りないと、動作が重くなり、アプリが強制シャットダウンされる場合もあります。そうならないためには、iPhoneのメモリを解放する必要があります。メモリ解放にはいろんな方法がありますが、今回はそのいくつを紹介したいと思います。


1、Safariプラウザーの不要なデータを消去
Safariでネットサーフィンをすれば、Cookieやキャッシュなど、いろんなデータをiPhoneに保存されます。そういうのを溜まったら、Safariだけではなく、iPhone全体の動作を重くなる場合もあります。iPhone「設定」の中に「Safari」をタッチして、そして「履歴とWebサイトデータを消去」を実行しましょう、そうすればこれら不要な物を削除できます。

データを消去

2、使用していないアプリを終了します
iPhoneで「ホーム」ボタンを連続二回押したら、現在開いていたアプリを全部確認できます。この中に現在使用していないアプリを上へスライドして、終了すれば、一部のメモリを解放できます。

アプリを終了します

3.ホームボタン長押し
ロックを解除した状態で、「スリープ/スリープ解除」ボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」の画面が現れた時、十秒ぐらいホームボタンを押します。それで、メモリは素早く解放できます。もしくは直接iPhoneの電源を切ってから再起動するのは似たような効果があります。(この方法は、新しいアプリがインストールした時や動作が遅くなる異常状態の時に役立てます)

ホームボタン長押し

以上はiPhoneのメモリを解放するいくつ便利な方法です、もしご必要があればぜひ試みてください!それから以上の方法以外、現在は無料でiPhoneのメモリを解放できるアプリなどもあります、Appストアで検索すれば見つけるでしょう。しかしメモリの解放は、iPhone内のデータを削除する場合もありますので、重要なデータを紛失しないために、やる前にはバックアップしておきましょう。「iPhone転送」を利用すれば、簡単にiPhone中の写真・音楽・ビデオ・連絡先等をパソコンにバックアップできますので、ご興味ある方は是非使ってみてください!

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018