x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Mac クリーン アップ

Macを安全にクリーンアップするソフト

編集者 星野 毅
2017.4.7 金曜日

Macパソコンの価格は高いのに、容量は大きいと言えません。利用時間が増えるとともに、ディスク中のシステム、ディスク中でアプリやブラウザなどが生成するジャンクも大幅に増えます。ジャンクファイルを放っておくと、ディスクのストレージが不足になる他、Macの動作も遅くになり、正常に利用できないなどのトラブルも出るかもしれません。このため、Macのディスクを定期にクリーンアップすることがおすすめです。


しかしながら、Macディスク中のジャンクの種類はたくさんあり、ジャンクを一つずつで削除することはとても面倒だ以外、気付かずにシステム重要なファイルを削除すれば、Macを正常利用できない可能性もあります。この時、安全なMac用クリーンアップアプリMacMasterを使えば、ワンクリックでディスクをクリーンできます。このアプリは「ジャンクファイル」モードが搭載するので、システム重要なファイルを削除するなく、ジャンクを安全・手軽に消去することができます。「MacMaster」でMacをクリーンアップする方法については続きを読んでください。


Macを安全にクリーンアップする


ステップ1、まずは「MacMaster」の製品ページからMacにダウンロード・インストールします。その後、アプリを起動して、「ジャンクファイル」を選択します。「スキャン」ボタンをクリックすれば、「MacMaster」はジャンクの検出を行います。

Mac ジャンクファイル

ステップ2、「MacMaster」のスキャンを通じて、アプリのキャッシュやゴミ箱などのジャンクを自動に検出されます。具体なジャンクサイズなどのファイル情報はアプリに表示されます。

ジャンクファイル 検出

ステップ3、スキャンが完成したら、ジャンクファイルの削除を始めましょう。「クリーン」ボタンをクリックすれば、「MacMaster」は個人データ、システムデータを失うことなくジャンクを消去することができます。

Mac ジャンクを消去

「MacMaster」はジャンクを安全にクリーンアップできる以外、Macのクッキーの削除も対応します。もしあなたもMacをクリーンアップしたいでしたら、「MacMaster」を購入して、Macをよりスムーズに使えましょう。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018