x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iTunes MP3 変換

iTunesで音楽ファイルをMP3に変換する方法

編集者 星野 毅
2016.4.6 水曜日

「iTunes」の主要な機能はAppleデバイスの管理、アプリや音楽などの購入ですが、実は強大な音楽ファイル変換機能もあります。他の変換ソフトを使わなくても、MP3とAACなどの音楽ファイルが変換できます、とても便利な機能ですね。今回のテーマも音楽ファイルを最も常用のMP3ファイルにiTunesで変換する方法です。


1.まず「iTunes」を開き、左上のアイコンをクリックする後、「設定」をクリックします。すると、「一般環境設定」に入り、そして「インポート設定」をクリックします。

iTunesの設定

インポート設定

2.「インポート設定」の中に、「インポート方法」を「MP3エンコーダ」と選択します。その後、「OK」をクリックして情報を保存します。

mp3エンコーダ

3.変換したいファイルを右クリックして、「MP3バージョンを作成」の項目を選択すれば、ファイルをMP3への変換を行います。変換した後、MP3フォーマットの新しいファイルが生成されます。

mp3に変換

4.このファイルを右クリックして、「プロパティ」→「ファイル」を順で押し、このファイルの形式が確認できます。これも変換成功の証です。

形式を確認

MP3はその小さいなサイズといい音質で世界中に普及ていて、人々に愛用されています。Appleデバイスを使う方は、ほとんどiTunesも同時に使っているでしょう。音楽ファイルをMP3に変換したいなら、「iTunes」で変換を行うことがおすすめです。もしご必要があればぜひ以上紹介した方法を試みてください!

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018