x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  動画 変換 iPhone

動画をiPhoneに対応できる形式へ変換する方法

編集者 橋本 学
2018.7.31 火曜日

Apple社の大人気スマホiPhoneには、幾つのビデオ形式しか対応できません。iPhoneを利用してビデオを視聴したいけれど、動画ファイルの形式が対応できず、悩んでいる方々に一つ動画形式変換ソフトを紹介したいと思います。


スーパーメディア変換は操作簡単が特徴の変換ソフトで、初心者でもこの記事に載っている手順通りすれば手軽くて動画をiPhoneの対応できる形式に変換できます。さあ、早速具体的なやり方に入りましょう。


動画をiPhoneの対応形式に変換する



このソフトを利用して動画形式を変換する前に、まずパソコンへダウンロード・インストールする必要があります。Windows/Macバーションがありますのでご自分のパソコンOSに応じるソフトインストールパッケージを選択してダウンロードしてください。


1、ソフトをインストールし、実行します。メイン画面に入ると「ファイルを追加」ボタンが見えます。そこで形式を変換したい動画ファイルを選択してください。他に動画画質を「強化」して、「編集」する機能も付いているのでご興味がある方には対応なボタンで使ってみってください。

ファイル追加

2、動画ファイルを選択したら次には出力形式の選択です。メイン画面の下にあるプロフィール選択ボタンを押したら、変換可能形式のリストが表示されます。その中に「Apple iPhone」を選択、そして欲しい出力形式をクリックします。保存先の指定は「参考」ボタンでご自由にしてください。

形式選択

3、設定が完了後、「変換」ボタンをクリックしてください。変換進度画面には変換完了後ソフトの動作などを設定することができます。変換途中で「中断」「停止」することもできますよ。

変換完成

変換完了後、対応形式になった動画ファイルをiPhoneに取り込んで視聴することが簡単にできます。勿論、「スーパーメディア変換」にはiPhoneだけでなく、他のデバイスの専用ビデオ形式に変換することも対応できます。他のAppleデバイス、Samsung、ソニー、ブラックベリー等のメーカーが関わらず、AVI、MP4、VAI、MP3、AAC、MOV、MKV等の形式も問わず、どうぞ「スーパーメディア変換」を使ってお好きな動画を手持ちのデバイスに対応できる形式に変換してください!

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018