x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone データ コピー

iPhoneのデータをPCにコピーする方法

編集者 天川 北雄
2016.1.15 金曜日

iPhoneをケーブルでPCと接続すれば、カメラロール内の画像と動画をコピーできますが、iPhone内のほかのデータはこの方法でコピーできません。iTunesでバックアップを取れば、確かにiPhoneのほぼ全データをPCにコピーできますが、バックアップされたデータは一つのバックアップファイルとして保存され、普段は中のデータを確認することすらできません。正直不便なところがあります。もしiPhoneの他のデータもPCにコピーしたいなら、別の方法を使うことが必要です。


ここで皆様に便利なデータ転送ソフト「iPhone転送」を紹介したいと思います。「iPhone転送」はFonePawソフトウェアが開発した、iPhone・iPad・iPod等のiOSデバイスとPCの間でデータを転送するための専用ソフトです。iPhoneからPCへコピーする場合、カメラロール内の画像と動画はもちろん、他のアルバムの写真・ビデオ・音楽・連絡先・メッセージ・ボイスメモ等のいろんなデータをPCにコピーできます。操作は簡単で、動作もiTunesよりはるかに軽い。数クリックでコピーしたいデータを選択でき、PCに移せます。その詳しい操作手順を、ここから皆様に説明したいと思います。


ダウンロードダウンロード

iPhone中のデータをPCにコピー



ステップ1、まずはお使いPCのOS(Windows或いはMac)によって、「iPhone転送」の対応バーションをPCにダウンロードして、インストールします。ソフトを起動して、USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋がれば、ソフトは自動的にiPhoneを認識し、機種・容量・iOSバーション等の情報を確認できます。

iPhoneを接続

ステップ2、左側のメニューでコピーしたいデータの種類をクリックすれば、現在iPhone内その種類のデータを全部確認できます。この中にPCにコピーしたいデータにチェックを入れて、「エクスポート」→「PCへエクスポート」の順でクリックすれば、選択されたデータはPCの出力フォルダにコピーされます。出力フォルダの位置はPC内の任意場所を設定できます。

データをコピー

以上簡単の2ステップで、自由にiPhone内のデータをPCにコピーできます。iPhone中に残っているデータを削除すれば、iPhoneの容量不足も解消できます。音楽や動画等も直接PCで再生や編集できますので、この「iPhone転送」はiPhoneのデータを整理したい時もお役に立てると思います。無料試用もできますので、もしご興味がある方なら、下のリンクで「iPhone転送」をダウンロードし、今すぐその便利さを体験してみませんか?


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone データ コピー

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018