x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPodから曲をiTunesにコピーする

iPodから曲をiTunesにコピーする便利な方法

編集者 天川 北雄
2015.12.11 金曜日

iPodの使い道と言ったら、音楽を聴くことが一番メインの使い方だと思います。iPodの中にも多くの曲が詰まっているでしょう。その中の曲をiTunesにコピーしたいと、思ったことありますか?しかしiTunesではパソコンの曲をiPodに入れますが、逆にiPodの曲をiTunesにコピーすることはできません。iPod中の曲を取り出し、iTunesにコピーするには、ほかの方法を使う必要があります。今回は皆様に一つ便利な方法を紹介したいと思います。


iTunesではiPodのデータをバックアップとしてパソコンに保存できますが、バックアップファイルの中身は復元しないと確認できません。バックアップを取ればより良くiPodのデータを保護できますが、この方法ではiPodの曲パソコンで再生できないので、やはり不便なところがあります。しかしもしデータ転送ソフト「iPhone転送」を使えば、iPodから気に入った曲を選んで、簡単な操作でiTunesのライブラリにコピーできます。コピーされた曲は普通の音楽と同じ、パソコンで再生や編集などができます。かなり便利でと思いませんか?ここからはiPodからiTunesに曲をコピーする手順を皆様に説明します。


ダウンロードダウンロード

iPodからiTunesに曲をコピー



ステップ1、まず「iPhone転送」をパソコンにダウンロードします。ダウンロードは無料でできます。ダウンロード完成後、ソフトをインストールして、実行してください。ソフトの指示通りUSBケーブルでiPodとパソコンを接続すれば、iPodは認識され、中のデータを確認できます。

iPodを接続

ステップ2、iPod中のデータはいくつのカテゴリに分かれています。画面左側のメニューから「メディア」をクリックし、中で「音楽」を選択すれば、iPodにある全ての曲を確認できます。直接曲をダブルクリックすれば再生できます、曲にチェックを入れて、「エクスポート」→「iTunesライブラリへエクスポート」を選択すれば、チェックされた曲はiTunesにコピーされます。

音楽をコピー

この方法でiPodからiTunesにコピーされた曲はiTunesのライブラリに入れます。もしiTunesではなく、パソコンの他の位置音楽をコピーしたいなら、最後のステップで「PCへエクスポート」をクリックすればいいです。「iPhone転送」はiOSデバイス対応の転送ソフトですので、iPodだけではなく、iPadやiPhoneの音楽を転送することもできます。30日間の無料試用期間もありますので、もしご興味がありましたら、下のリンクでソフトをダウンロードし、体験してみてください。


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPodから曲をiTunesにコピーする

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018