x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  ソニー・ロンドン元リーダー新スタジオ設立

ソニー・ロンドン元リーダーが退社、新VRスタジオ設立

編集者 星野 毅
2017.2.17 金曜日

2017年2月8日、ソニー・ロンドンスタジオのリーダー、デイブ・ラニヤード(Dave Ranyard)氏はソニー・ロンドンを退社して、新しいVRスタジオ―Dream Reality Interactiveを設立することを発表した。

デイブ・ラニヤード

ソニーで17年働いたデイブ・ラニヤード氏は「PlayStation VR」計画初期のリーダーで、ソニー・ロンドンスタジオをリードして、「PlayStation VR」の開発に深く関わった。現在、「PlayStation VR」はすでにユーザー数世界一のVRプラットフォームです。ラニヤード氏のチームは近年PlayStation VR専用ゲーム『PlayStation VR WORLDS』を開発した。このゲームは各種VR体験に含むゲームで、彼ら長年のVRゲームテストの成果を体現している。


しかし去年10月PlayStation VRは発売されたから、ソニーはソニー・ロンドンスタジオの枠組みに調整を行った、これはラニヤード氏にも大きな影響があります。最後、「調整」の終わりにラニヤード氏は新しいゲーム開発スタジオDream Reality Interactiveを設立して、VRゲームの開発に集中することを決めた。

PSVR

それからこの方法スタジオDream Reality Interactiveはかつてのラニヤード氏だけでなく、過去のロンドンスタジオ開発チームメンバーもたくさんいる。Richard Bates、Artemis Tsouflidou、Albert BentallとJohn Foster、彼らは『PlayStation VR WORLDS』の主要開発メンバーで、現在はDream Reality Interactiveの一員です。現在、Dream Reality Interactiveはいくつかのプロジェクトを開発して、独自のIP(自社発の作品)を作りたいとのことです。


デイブ・ラニヤード氏は「VRヘルメットの発売とともに、VRは成功できるかの疑問は既に意味がなくした、いつ、どうやって成功するのが問題です。私たちは確実な答えが知らないが、ソニーで17年働いた後、現在はこれらの可能性を探す適切な時機だと思います。独自した後、私は自由に各プラットフォームの作品を開発できます。」と述べた。その他、彼はVRを使ってAIと対話するようなことにも興味があります。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018