x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Mac 重複 ファイル 削除

Macの重複ファイルを削除する方法

編集者 橋本 学
2018.7.25 水曜日

Macを使えば使いほど空き領域がドンドン少なくなります。ストレージの空き容量を増やしたいならば重複ファイルを整理してみたらどうかな。重複ファイルってはMacの使用過程中知らず知らずのうちに重複して保存されたファイルです。アプリケーションの誤動作やシステムの実行過程の中も重複ファイルを作り出すことがあります。

ファイル整理専門アプリケーションを使って、Macの中に積んでいる数多くの重複ファイルを手軽く片付けましょう!ここで皆に推薦したい「MacMaster」はとっても使いやすいMac整理アプリケーションです。簡単明快な画面デザインと実用的な機能設定が付いて、多くのMacユーザーに使われています。ではこれからMacMasterで重複ファイルを削除する方法へご案内させてください。


Macの重複ファイルを簡単に削除する方法



1、まずは公式サイトからダウンロードされた「MacMaster」最新インストールパッケージで「MacMaster」をMacへインストールしてください。そしてMacのアプリケーション一覧画面に「MacMaster」を見つけて、起動したら「MacMaster」のメイン画面に入れます。そこで、CPU/メモリ/ディスクの使用状況を一目瞭然に見えます。メイン画面右下にある「スキャン」は左側にある全て機能を1クリックで起動することができます。便利とはいえ、時間もかかります。もし重複ファイルのみ整理したいならば、左側の機能リストで「重複ファイル」をクリックしてください。

Mac システム 状況

2、重複ファイルファインダー機能に入ると以下の画面になります。ご覧の通り、Macから重複ファイルを速やかに検出するための機能です。簡単に「スキャン」ボタンを押して、すると「MacMaster」が自動的にMacの中にある重複ファイルをスキャンします。

Mac 重複 ファイル メイン画面

3、より精確にMacから重複ファイルを探し出すのため、「MacMaster」は拡張子、ファイル名、サイズ、内容等の色んな項目を比較します。だからスキャンの過程中Macは負荷によって遅くなるかもしれません。スキャンのかかる時間は場合によって異なりますが、Macに重複ファイルが多すぎると長い時間になることもあります。スキャン完了まで待ってください。

Mac 重複 ファイル スキャン

4、そして、スキャンが完成したら「MacMaster」からの報告が見えます。グラフで重複ファイルの仕組みや大きさとかで分かれます。重複ファイルを把握したら「クリーン」ボタンをクリックしてください。削除操作の許可を求めの確認ポップアップが出たら「確認」を押すと済みます。これで、重複ファイルは「MacMaster」から自動的に安全削除されます。

Mac 重複 ファイル プレビュー

MacMasterは簡単な操作で安全に不要なファイルを削除することができるます。重複ファイル以外、類似写真やジャンクファイル、不要ファイル、古い大容量ファイル等の検出、削除機能も搭載しています。プライバシー保護機能でSafariのクッキーを消去することもできますので、もはや全能的なMac管理ツールですね。この強力な整理アプリをダウンロードして、要らないファイルを整理してみましょう!

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018