x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Mac ジャンク ファイル 削除

ワンクリックでMacのジャンクファイルを削除!

編集者 橋本 学
2018.7.17 火曜日

Macのジャンクファイルってのは、システムやアプリケーションの使用中作り出すのキャッシュ、臨時ファイル等のゴミデータのことです。有限なストレージが不要なジャンクファイルに占用されると、Macの動作にも影響が出ます。

普通のユーザーとして、大量のジャンクファイルを一つずつ探し出すのは実に非現実的な提案です。ならどうすれば簡単にMacからジャンクファイルを素早くて探し出せますか?大事なシステムファイルを影響せずにジャンクファイルのみ精確に削除する方法はあるのでしょうか?それは勿論!新開発された「MacMaster」こそがMacファイル整理の専門家です。このアプリケーションに任せば、ジャンクファイルを探し出すのも削除するのも楽勝になります。簡単なデザインのお陰で、初心者でもすぐ使えます。今日はここで皆さんにこのMacMasterを紹介させてください。


最も簡単なMacジャンクファイル削除方法



「MacMaster」はMac PC向けファイル管理アプリです。このアプリを利用したら、簡単に色んなファイル管理操作ができます。例え古い大容量ファイル、類似写真、不要ファイル、重複ファイル、要らないアプリケーションのアンインストール等の機能が揃えています。勿論ジャンクファイルの削除も簡単にできます。これからその操作手順を皆さんに紹介します。

1、MacMasterの公式サイトから最新バーションの「MacMaster」をダウンロード・インストールしたら、アプリケーション一覧画面から「MacMaster」のアイコンが表示します。それをクリックしてアプリケーションを起動してください。するとメイン画面でMacのシステム情報が見えるはずです。右下にある「スキャン」は、押したら全面的な検索を行うボタンです。それも便利だが、全面的なスキャンは時間が掛かるから左側の機能リストで「ジャンクファイル」を選択しましょう。

Mac システム 状況

2、そして、ジャンクファイル検索・削除機能の画面に入ります。簡潔なデザインスタイルで、この画面も極めて簡単明快です。「スキャン」ボタンを押すと、「MacMaster」は自動的にジャン的にジャンクファイル検出を行います。検索の途中、「MacMaster」の画面上は進展状況が表示されます。

Mac ジャンク ファイル

3、スキャンが完了後、検索結果はこのようにリストされます。リストされたジャンクファイルは各々の保存先、サイズ等の情報も出てきます。右上にある「ソート」を押すと、順列を変えることもできます。ユーザーはアプリ画面で検出されたジャンクファイルを右下にある「クリーン」を消去できます。

Mac ジャンク プレビュー

4、これでジャンクファイルの削除は確実に完成しました。削除完了後、「MacMaster」は削除結果報告画面になります。そこで削除されたファイルのサイズが見えます。「戻る」ボタンをクリックしたらもう一度のジャンクファイル検索ができます。念のため徹底的にジャンクファイルを削除したくてもう一度スキャンしたい方は、以上の手順を繰り返してください。或いは別の機能によって、別種類のゴミデータを削除しましょう。

Mac ジャンク クリーンアップ

前述の通り、「MacMaster」の色んな機能を活かして、アプリケーションの削除やブラウザのクッキー等の不要データを消去することも可能です。もし気楽にMacのファイルを管理したいならば、是非このツールを使って試してください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018