x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Mac キャッシュ 削除

Macのキャッシュを一気に削除する方法

編集者 星野 毅
2016.4.28 金曜日

キャッシュとは、よく使うデータを一時的にPC、スマホなどに記憶させる仕組みということです。ネットするの例をとして、一度訪れたページに再度アクセスする時に、すぐにそのページが表示できます、これはこのページの情報がブラウザのキャッシュとして保存されたからです。キャッシュの種類はブラウザだけでなく、iTunes・システムなどのキャッシュもたくさんあります。キャッシュは便利な機能ですが、もしキャッシュがたくさんに貯まったら、占用するストレージがどんどん増えています。多いすぎるキャッシュはPCの動作を重くする可能性もあります。だから、キャッシュを定期にクリアにすることがおすすめです。


でも、前述の通りキャッシュの種類がたくさんあり、ユーザーにとって一つずつで削除することは実に面倒だと思います。特にMacシステムキャッシュの削除は、「ライブラリ」にキャッシュの「Caches」(キャッシュ)フォルダでしか削除できません、万が一他のシステムファイルを削除したら、最悪の場合はMacを正常に利用できなくなります。ここで、ワンクリックでMacのキャッシュを削除する方法を皆さんに紹介したいと思います。安全なMac専用のクリーンアップアプリMacMasterを使えば、キャッシュ・クッキーなどのジャンクを一気にクリーンすることができます。この実用なアプリはアプリ管理機能も搭載します。今回は、「MacMaster」でのワンクリックキャッシュ削除方法を説明します。


ワンクリックでMacのキャッシュを削除



ステップ1、まず「MacMaster」をお持ちのMacパソコンにダウンロード・インストールします。その後、アプリを起動して、「ジャンクファイル」を選択します。

Mac ジャンクファイル

ステップ2、するとスマートクリーンアップモードに入り、「スキャン」ボタンをクリックすれば「MacMaster」はMac全体をスキャンして、アプリや写真などからキャッシュと他のジャンクを見つけ出します。終わったら、アプリは具体なジャンクのサイズを表示して、削除したいジャンクファイルにチェックを入れてください。

ジャンク スキャン

ステップ3、最後に「クリーン」ボタンをクリックすれば、ソフトは選択したキャッシュなどのジャンクファイルを安全に削除できます。

ジャンク クリーン

キャッシュをクリアにすれば、一部のストレージを解放でき、Macの動作も多少軽くなれます。Macをよりよくに使いたいなら、キャッシュなどのジャンクを削除する以外、不要なファイルの削除も必要です。「Macmaster」は体験版があり、無料で試用することが可能です。もし体験版を使用して、気に入ったら、「Macmaster」正式版を購入しましょう。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018