x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Mac 不要 ファイル 削除

Mac不要なファイルを削除するやり方

編集者 星野 毅
2016.4.25 火曜日

パソコンの不要なファイルを削除したい時、どうすればいいか?Windowsの場合、不要なファイルを右クリックしてゴミ箱に移動して、それからゴミ箱を空にすれば不要なファイルを削除できます。しかしMacの場合、そう簡単ではありません。Macコンピューターはディスクのゴミ箱だけではなく、アプリ、外付けディスクなどは各自の隠しゴミ箱がある場合もあります。削除したファイルはその対応の隠しゴミ箱フォルダに移します。これらのゴミ箱を空にしたいなら、対応ディスクやアプリを起動してしかできません。


一、ディスク中の不要なファイルを削除する



これはWindowsの操作と似てます。「Finder」を起動して、削除したいファイルを右クリックして「ゴミ箱に入れる」を選択すれば、ファイルはゴミ箱に移動されます。その後ゴミ箱を右クリックして「ゴミ箱を空にする」を押すれば、ゴミ箱中のファイルは削除されます。

ディスクゴミ箱

二、アプリ、外付けディスク中不要なファイルを削除



ここは「iPhoto」の例を挙げて、アプリアプリ、外付けディスク中不要なファイルを削除するやり方を紹介します。「iPhoto」を起動して、「iPhoto」をクリックします。それから「iPhotoのゴミ箱を空にする」をクリックすれば、iPhotoのゴミ箱を空にすることができます。しかしアプリによって、ゴミ箱を空にする方法が少し異なる可能性があります。

アプリ ゴミ箱

三、「MacMaster」で不要なファイルを削除



以上紹介した方法はMac不要なファイルを削除できるけど、一つずつで各ゴミ箱フォルダ中の不要なファイルを削除する必要があります。MacMasterというソフトを使えば、Macパソコン中の不要なファイルを一気に削除することができます。


ここで「MacMaster」について皆さんに紹介します。「MacMaster」はMacコンピューター専用のクリーンアップアプリケーションで、本アプリを通じてユーザーはMacをより快適に使えることができます。以下は「MacMaster」でMacの不要なファイルを削除する手順です:


ステップ1、MacMasterをMacにダウンロード・インストールします。その後アプリを起動し、「不要ファイル」を選択して、それから「スキャン」をクリックします。

MacMaster メイン 画面

ステップ2、するとアプリはMac中のすべての不要なファイルデータをスキャンします。完成したら、「MacMaster」は検出した不要なファイルを表示します。削除したい不要なファイルにチェックを入れてください。

不要 ファイル

ステップ3、その後「クリーン」ボタンをクリックすると、アプリは選択した不要なファイルを一括削除します。完成したらアプリはクリーンアップされたファイルのサイズを表示します。もし便利だと思うなら「ツイート」や「共有」ボタンで今回の感想をツイートやFacebookにシェアすることもできます。

削除 完成

「MacMaster」を使えば、Mac中の不要なファイルを一括に削除することができます。不要なファイルを削除できる以外、ブラウザクッキーやジャンクファイルの削除などもこの一本のアプリケーションで手軽にできます。Macのディスク整理によって、Macを高速化して、さらに快適に使用することが可能になります。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018