x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  DFU モード 復元

DFUモードに入る方法と解除方法

編集者 星野 毅
2017.1.16 月曜日

DFUモード(Device Firmware Upgrade)とはデバイスのファームウェアをアップデートするためのモードです。iPhone・iPad・iPod touch等のiOSデバイスに不具合があった時に、リカバリーモードを利用しても復元できない場合、DFUモードは復元の可能性があります。今回はDFUモードの入り方、解除方法について、皆さんに紹介します。


一、DFUモードの入り方



パソコンでiTunesを起動して、iOSデバイスをパソコンと接続します。デバイスの電源をオフにします。その後、もしお持ちのデバイスはiPad・iPod touchもしくは6sとその以前のiPhone機種の場合は「ホーム」ボタンと「電源」ボタンを押します。もしお持ちのデバイスはiPhone 7 / 7+の場合、「音量―」ボタンと「電源」ボタンを押してください。10秒程度押し続けたら、「電源」ボタンを離して、その他のボタンを押し続けます。iTunesにリカバリーモードでデバイスを検出したという警告が表示される後、手を離して大丈夫です。

DFUモードに入る

二、DFUモードの解除方法



一般には、DFUモードを解除する方法は非常に簡単です。電源ボタンをホームボタンを同時に長押して、Appleロゴが表示されたら離せば解除できます。しかし、万が一一般の方法でDFUモードを解除できないなら、他のツールを借りてDFUモードを解除する必要があります。DFUモードの解除ソフトがたくさんありますが、「iOSシステム修復」を使えば、成功率が高く、操作もインターフェースも簡単です。だから、iPhoneシステム修復専用な「iOSシステム修復」がお勧めです。具体的な使い方は引き続き読んでください。



ステップ1、「iOSシステム修復」をパソコンにダウンロード・インストールします。その後、まずDFUモードに入ったiPhoneをパソコンと接続して、そしてソフトを起動します。「スタート」それから「確認」をクリックした後、ソフトはお持ちデバイスの情報が表示します。ご確認した後、「修復」ボタンを押します。

情報確認

ステップ2、「修復」ボタンを押すると、DFUモードの解除が始まります。「修復完了」の提示が現れるまで少々お待ちください。修復したデバイスは最新のシステムにアップデートします、ご注意ください

修復完了

これで、簡単な2ステップでDFUモードを安全に解除されました。一般の方法でDFUモードを解除できない時、「iOSシステム修復」がお勧めです。もし、iOSデバイスのデータが紛失する場合、弊社の「iPhoneデータ復元」を使えば、なくなったデータを復元することも簡単にできます。本製品をみっと詳しく了解したいなら、本サイトの製品ページにアクセスしてください。もし本記事に関する質問や意見があれば、ぜひコメントを残してください~


関連記事
DFU モード 復元

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018