x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPod データ 取り出し

iPod中のデータを取り出しする簡単な方法

編集者 天川 北雄
2015.11.24 火曜日

公式の方法を使えば、パソコンからiPodに音楽や写真、動画等のデータを入れることはできますが、逆にiPodからデータを取り出すことはできません。しかし万が一パソコンが壊れて、もしくは機種変更して旧いパソコンが無くなった時、iPod中に残っているデータを取り出したい場合って、結構ありますね。iTunesではデータを取り出しすることができませんが、まだ諦めるには早いです。iPod中にあるデータを取り出すには、ほかの方法を使えばできます。今回は皆様に一つ簡単な方法を紹介します。


iPhone転送」はiPhone・iPad・iPod touch等のiOSデバイスとパソコンの間でデータをてんそうするための専用ソフトです。写真・音楽・連絡先・メッセージ・ボイスメモ・動画等のデータを簡単な操作で転送でき、広い範囲でお役に立てます。今回は皆様に紹介したい方法はこの「iPhone転送」でiPod中のデータを取り出す方法です。普段iTunesを使っている方なら感じると思いますが、iTunesでは動作が重いし、操作も複雑。それに今回のように、機能上の制限も多いです。しかし「iPhone転送」なら、以上の問題は全くない、簡単かつ便利に使用できます。ここからはiPodからデータを取り出す詳しい操作手順を説明します。


ダウンロードダウンロード

「iPhone転送」を利用してiPodからデータを取り出す



ステップ1、「iPhone転送」を実行して、USBケーブルでiPodとパソコンと接続します。するとソフトは自動的にiPodを識別し、なかにあるデータを確認できます。「iPhone転送」はWindows・Mac二バーションも無料ダウンロード・インストールできます。

iPodを接続

ステップ2、左側のメニューでデータの種類を選択できます。クリックすると、iPodにあるその種類全てのファイルをプレビューできます。取り出したいデータにチェックを入れて、「エクスポート」をクリックすれば、それらのデータを取り出せます。「PCにエクスポート」はデータをパソコンに設定された出力フォルダに取り出し、「iTunesにエクスポート」はデータをiTunesのライブラリに取り出します。必要に応じて利用してください。

データを取り出し

取り出したデータはパソコンで自由に再生、編集などができます。もし必要があれば、パソコンから音楽をiPodに入れること等もできます。「iPhone転送」の動作は軽いし、操作も簡単。なりよりデバイスからPC、PCからデバイス二方向のデータ転送も対応しますので、iPhoneやiPod等iOSデバイスを使っている方なら、「iPhone転送」はきっとお役に立てる、便利なソフトに成れるでしょう。


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPod データ 取り出し

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018