x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 発熱

iPhoneが発熱する原因と解決方法

編集者 星野 毅
2017.8.21 月曜日

去年Samsung社のGalaxy Note7爆発事件により、スマホの安全問題に関心を持つ方が増えたと思います。iPhoneを利用している時、本体の温度がどんどん増えて発熱することはよくありますね。そのままiPhoneを放置すればGalaxy Note7のように爆発や発火などが起きるのではないかと心配している方もいるかもしれません。iPhoneが発熱する原因と言えば、CPUフル稼働、バッテリー原因、容量不足などはよく見られる原因です。ではiPhoneが熱くなったら、一体どうすればいいでしょうか?ここからはiPhoneが熱くなる原因と解決方法を詳しく紹介します。

iPhone

一、CPUフル稼働



長時間iPhoneでゲームを遊んだり、動画を見たり、或は重いアプリを利用する等の場合、CPUがフル稼働の状態になります。これらの状況はCPUに大きな負荷に与えるので、パソコンのようにCPUが発熱します。パソコンの場合、CPUには冷却ファンが搭載しているが、iPhoneには搭載しません。iPhoneは本体の中にある金属冷却部品を通して放熱するから、冷却ファンを搭載しているパソコンより放熱の効率が低いです。だから普段iPhoneを使う時は熱くなりやすいと感じます。iPhoneの発熱は最悪内部にダメージを与えて正常利用できなくなる可能性もあります。

iPhone

解決方法:
重いアプリを長時間利用せず、それから現在使わないアプリを閉じて、CPUの負荷を軽くすることがオススメです。もし重いアプリを長時間利用しなければならない場合、iPhone専用の放熱ケースを着用することがおすすめです。放熱ケースは発熱防止の材料で作られたので、iPhoneが熱くなる時に役に立てます。


二、バッテリー



もし充電している時、iPhoneは熱くなったら、これはバッテリーの問題だと考えます。特に充電しながらiPhoneを操作する場合、バッテリーをチャージしながら電力を消耗するので、バッテリーに大きな負荷にかかります。それから「MFI」認証がない製品を利用すれば、適切な電圧、電流が流れず、バッテリーもしくは本体が破損する恐れもあります。その他、もしバッテリーの寿命が近いなら、膨張して発熱する状況もあります。この場合は最も危険です、iPhoneをシャットダウンして、Appleショップに持っていて修理することがおすすめです。

修理

処理方法:
1、充電中のiPhoneを操作しない
2、「MFI」認証Lightningケーブル、アダプタを利用する。
3、バッテリーが膨張して発熱する場合、iPhoneをショットダウンして、Appleショップでバッテリー交換してもらう。


三、容量不足



iPhoneは容量不足の状況になったら、iPhoneが重く・動かなくなるだけでなく、異常発熱の場合もよく見えます。

容量不足

解決方法:
不要な写真、動画や音楽などのデータを削除して、或はデータをiCloud、DropBoxなどのクラウドサービスに保存、iPhoneの空き容量を増やします。


四、他の安全なiPhoneを冷却する方法



冷却の方法と言えばいろいろありますが、しかし全ての方法が正しいのではありません。例えば冷蔵庫に入れる、保冷剤をあてるなどのは間違った方法です。では次は安全なiPhoneを冷却する方法を皆さんにシェアします。


1、冷房、扇風機などで涼しい風をあてる
2、iPhoneの電源を切って、風通しの良い場所に放置して自然放熱させる
3、iPhoneを再起動する。


もし以上紹介した方法でもiPhone発熱の状況が改善できないなら、Appleサポートや修理業者に連絡することがおすすめです。


関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018