x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Mac 空き容量 増やす

Macの容量を増やしたい方はこちら!

編集者 橋本 学
2018.8.30 木曜日

Mac/MacBook/MacBook Airの容量に悩んでいる皆さん、まだストレージが減らす一方のことで困っていますか?日々手動でゴミファイルを一々削除せざるをえないのはきっと面倒でしょう。実はクリーナーアプリを利用して、楽に要らないファイルを一括して処分することが可能です。


今日はこの記事で、一つ安全で便利なMac用クリーナーアプリを借りて、Macの中からジャンクファイル、重複ファイル、要らないゴミデータを徹底的に削除してディスクの空き容量を増加する方法を皆さんに紹介したいと思います。この知能的なクリーナーを利用して、簡単に何クリックで不要ファイルのみを自動に検出して削除できて、システムに対して重要なファイルを誤って削除することは心配する必要がありません。


そのアプリの名はMacMasterです。「MacMaster」を利用すれば、Macから簡単に不要のファイルを削除して、手軽いにメンテナンスが出来ます。よく使えるMacのクリーンアップ機能は十個ぐらいあります。公式サイトからアプリをダウンロードして、Macでインストールすれば簡単に数クリックでそれらの機能によってMacをクリーンアップ出来ます。


MacMasterその機能1:ジャンクファイルクリーナー
MacMasterその機能2:重複ファイルクリーナー
MacMasterその機能3:シュレッダー

ご覧の通り、「MacMaster」のメイン画面はMacのステータスモニターです。モニターから一目瞭然でMacの使用状態が見えます。もし使用可能なディスク容量が少なくなったら、以下の機能で容量を減らして、ストレージの空き容量を増加してみましょう。


ジャンクファイルクリーナー



左側の機能選択ボタンから「ジャンクファイル」を選択してクリックすると、ジャンクファイルクリーナーを起動できます。簡単に「スキャン」を押せばアプリから自動にジャンクファイルを検出します。

そしてプレビューウインドウから「クリーン」をクリックして、選定されるジャンクファイルを削除してください。

重複ファイルクリーナー



次に紹介したいのは重複ファイルクリーナーです。この機能によって、Macのストレージからファイル名やサイズ等から重複ファイルを判断して検出することができます。勿論、削除することもできます。

重複ファイルを鑑別、検出する為には少し時間がかかります。スキャン完了後、プレビューウインドウからグラフが表示されます。そこから重複ファイルのサイズ、各種類の重複ファイルの比率等を確認できます。確認したから、右下の「クリーン」ボタンを押してMacのストレージを増やしましょう。

シュレッダー



以上の二つファイル整理機能で対処できないゴミファイルがあれば、シュレッダー機能を使って徹底的にそれを削除してみましょう。具体的にはまず「シュレッダー」機能を選択して、そして「ファイルを追加」ボタンでゴミファイルを追加、最後は「シュレッド」ボタンでファイルを徹底的に消去します。

この機能で簡単に他の整理機能で検出、削除できないファイルを手動的に徹底削除できるが、大事なシステムファイルをゴミファイルとして削除しないようにご注意ください。「シュレッダー」によって削除されたファイルは復元できないので、最悪な場合、システムに重大なダメージを与える可能性があります。


以上では「MacMaster」の三つの機能によって、Macの容量を増加する方法の紹介でした。もしもっと容量を増やしたい方がいれば、本ソフトはSafariのクッキーを消去などのMac容量管理機能も搭載していますので、使ってみてください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018