x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Google モザイク 消す

Googleの新しい人工知能技術はモザイクを除去できる?

編集者 星野 毅
2017.2.16 木曜日

最近、GoogleのAI開発チーム「Google Brain」はモザイク処理後の8X8粗い低画質の画像からモザイクを除去し、元の画像を再現できる技術を発表した。ではまずこの技術の成果を見てみよう。

処理効果

左側のはモザイク処理後の8X8画素の低画質画像で、中間のは「Pixel Recursive Super Resolution」(超解像技術)というAI再現技術で処理した画像、右側のは元の画像だ。この写真から、左側の何も見えない画像はAI技術で処理された後、中の顔をそれなりにはっきり見える画像になった。しかし問題は処理した画像が元の画像と比べ、まだ違いがある。特に真っ下の女性の口とアイメイクは結構大きいな変化が起こった。

超解像技術

「Pixel Recursive Super Resolution」の原理はとても複雑です。簡単に言えば、「conditioning network」と「prior network」という2種類のニューラルネットワークを組み合わせて、元の画像の内容を推測して、その推測結果を元に32X32ピクセルの画像に生成することです。したがって、その問題はAIが元画像大体の内容を正しく推測できるが、画像すべてのディテールを100%復元することができない。特に顔の推測には、目や口等の位置は特定できるが、細かい特徴やメークの特定は難しい。テストに、モザイク処理後の顔写真は90%復元でき、モザイク処理後のベッドルーム画像は72%復元できた。


100%正確に復元することは現在まだ出来ないので、監視カメラ映像を使って犯人を探すなどにはまだ応用できないが、AI技術にとって、すばらしい成績です。それから将来この技術はビデオのモザイク消しにも役に立てるかも?とにかく今はこのAI技術の発展を期待しましょう。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018