x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Bulletin

Google、ローカルニュース共有アプリ「Bulletin」発表

編集者 馬井 殿人
2018.2.8 木曜日

海外ウェブサイトSlateが1月27日(現地時間)に発表した報道によると、GoogleはBulletinという新しいアプリをテストしています。このアプリはユーザーがローカルニュースを投稿するためのアプリです。

Google

はじめてこのアプリを報道したウェブサイトによれば、「Bulletin」はコミュニティーのニュースを投稿するためのローカルニュース共有アプリで、スマホだけで利用できます。ユーザーがスマホで簡単にニュースを広めるために作られたアプリです。


このアプリはテクノロジーを好む早期利用者だけに向けてデザインされたわけではありません。撮影好きやメール好きの一般人でもBulletinでニュースやストーリーを投稿することができます。現在、このアプリはカリフォルニア州オークランドとテネシー州ナッシュビルでテストを行っています。


2月2日の朝に、Googleは正式にBulletinを発表しました。「このプロジェクトはまだテスト中です。誰もがローカルニュースやイベントについての情報を共有し、ローカルメディアに利用できるように作られたアプリです。どんなところでも、そこのみんなは知りたがっています、自分が住んでいる土地で起こったことを、ローカル書店の本から高校のスポーツイベントや道路封鎖などの情報まで。」とGoogleのスポークスマンは述べた。


地方ブロガー、サミ・コーン(SamiCone)氏が2月1日、Googleに誘われてナッシュビルで行われたBulletinの招待イベントを参加したことをツイッターでつぶやいた。このイベントはマスコミやテクノロジーに関するメディアの注目をあまり集まりませんでした。テストが行われたオークランドとナッシュビルでは、テクノロジーが高速に発展していますし、どれもGoogleファイバープロジェクトの目標都市です。しかし両地の貧困率は非常に高いので、大手メデアの注目を引くのは非常に難しいです。これもGoogleがここでテストを行うの狙いでしょう。


地方ブロガー、サミ・コーン(SamiCone)氏が2月1日、Googleに誘われてナッシュビルで行われたBulletinの招待イベントを参加したことをツイッターでつぶやいた。このイベントはマスコミやテクノロジーに関するメディアの注目をあまり集まりませんでした。テストが行われたオークランドとナッシュビルでは、テクノロジーが高速に発展していますし、どれもGoogleファイバープロジェクトの目標都市です。しかし両地の貧困率は非常に高いので、大手メデアの注目を引くのは非常に難しいです。これもGoogleがここでテストを行う狙いでしょう。


Googleのスポークスマンがナッシュビルで行われたイベントで、「Bullteinは優れているウェブアプリです。ウェブサイトの開発やブログの運営は多くの人々にとっては非常に難しいです。我々は人々が簡単にネットにニュースを投稿できることを望んでいます。」と述べた。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018