x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Google Apple 超え

GoogleがAppleを超えてアメリカ500強会社ランキングの一位に躍進

編集者 星野 毅
2017.4.7 金曜日

海外メディア3月31日の掲載によると、Google親会社Alphabetの株価上がりに対して、Appleの株価がイマイチで、今年2月にGoogleの時価総額がAppleを超えて、アメリカ最大の上場会社となった。今週発表したアメリカ会社のブランド価値ランキングによると、Google正式にAppleを超えて、アナリストからみてアメリカ最大の会社になった。


Brand Financeが木曜日(3月30日)に発表したランキングに、アメリカ上位500位の有名会社を列挙した。各社の発展潜在力を評価した以外、ランキングの最も重要な指標は企業のブランド価値となる。2017年Google のブランド価値が1094億ドルで、Appleの1071億ドルを超え、一位になった。

Google

Appleが2位に陥落した原因は自身のブランド価値の下がりである。Google昨年の881億ドルから1000億ドル以上になることは非常に大きな突破だが、それに対して、Appleが1459億ドルから1071億ドルに下落したことはもっと大きな落差である。直接な証拠はないが、Appleの携帯電話、パソコン等の製品は世界での売上が悪化していることがAppleのブランド価値が下がる要因だと思われる。


現在アメリカランキング上位3から10位までの会社はアマゾン、AT & T、マイクロソフト、Verizon、ウォルマート、フェイスブック、ウェルズファーゴとマクドナルドの順となっている。その中で、マイクロソフト、Verizon、ウェルズファーゴとマクドナルドは2016 から2017年まで順位が下がったことに対して、AT & T、フェイスブックは順位が上がることになった。第3位となったアマゾンの順位が変わっていない、でもブランド価値は一年で696億ドルから1063億ドルに上昇し、時価総額がGoogleとAppleに非常に近い。アマゾンの実際の増加した時価総額からみて、未来には上位2位更に一位になる可能性がある。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018