x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Google Glass 蘇る

Google Glassが企業向けに蘇る

編集者 馬井 殿人
2017.7.28 金曜日

7月19日、Googleのラボプロジェクト「Google X」はGlass Enterprise Editionを発表し、Google Glassが蘇ると見られています。Googleは二代目の製品をGoogle Glass Enterprise Edition(EE)と名付けました。過去数年間、GE Aviation、農業用マシンメーカーのAgco、DHL国際宅配便、医療機関Dignity Health、NSF International、Sutter Health、ボーイング、フォルクスワーゲンなど50社の企業はGoogle Glassを使用していました。

Google Glass

企業版が大きく改良され、外観は従来のGlassと似ていますが、全面的にアップグレードしました。初代目に比べて、2代目の製品はより良いカメラを採用して、カメラの画素が500万から800万画素にアップグレードされた、インターネット接続速度がより速くなって、WiFiもより安定にして、その他プロセッサの速度も速くなり、安全基準も厳格に守っています。バッテリーの駆動時間も長くなって(8時間の勤務時間に支持するため)、Glass上のスイッチを入れてから、ビデオを録画することができます。外観以前と同じくメガネのデザインを使用します。

Google Glass

Google GlassのプロジェクトリーダーJay Kothari氏は「三年前の製品はテスト版でしたが、企業版はテストではなくなりました。今、私たちは取引先とパートナーに完全な製品を提供します。」と表明しました。


Googleは2012年4月Google Glass初代目をリリースし、前方にカメラを搭載し、額縁右側にパソコンプロセッサがあり、レンズにヘッド小型ディスプレイも搭載しました。ユーザーはそれを利用してビデオチャット、写真や動画の撮影、メッセージング、通知の確認などのことができます。このメガネは2014年から発売され、価格は1500ドルでした。当時のタイム誌に年度最高製品として選ばれた。しかし、その実現した効果は宣伝のように達せず、ユーザーたちはプライバシービデオが撮影されたことを疑い、一部の政府機関はGoogle Glassを使用禁止と発表しました。2015年Googleは初代目製品の販売を停止し、「エクスプローター」プロジェクトも止めました、公式サイトでは「共に探求することを感謝します」とだけ表示します。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018