x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Google インド 実店舗

GoogleはPixel推進のためにインドに実店舗開設を計画

編集者 馬井 殿人
2018.1.11 木曜日

12月26日、GoogleはPixelスマホの販売を促進するために、インドに実店舗を開設しようと計画しているとインドEconomic Timesが報道した。インドは全世界で伸び率の最も速いスマホマーケットの一つだ。情報によると、Googleはインドに店舗を開設しようと考えている。2018年下半期に計画を実施するかもしれません。また、実店舗の計画を実現するためには、Googleは一人Appleの元経営幹部を雇用した。

Pixel

Googleは既にインド各地のショッピングモールに十数軒のポップアップショップを展開した。そして、この数週間、いずれのショップも好調で、Googleは満足している。少なくとも二社の有名ショッピングモールは、Googleに場所を取って出店させてもらうという請求を受け取りました。「Googleは実店舗の大切さを実感している。スマホの多くの機能はオンラインでうまく紹介できないから。」とショッピングモールの経営幹部が述べた。


Googleは同ショッピングモールにポップアップショップを出店するのは既に1ヶ月経ちました。尚且つ、Pixel 2が夜間或は暗い環境でもいい写真を撮れることを証明するために、Googleは暗室を設置してあります。「いいフィードバックを獲得したので、これはGoogleが実店舗の出店意欲が強くなった原因かもしれません。」と同経営幹部は語った。Googleはスマホ以外、今扱っている製品、例えば、Google Home、Chromecast、Pixel PCとDaydream Viewなども実店舗で販売する予定。


実店舗開設はGoogleがインドでスマホの販売促進ために考えた手段です。スマホマーケットでは、 Googleはサムセンだけでなく、小米、vivoとOPPOなどと比べても弱いです。今回Googleがインドに実店舗を出店するのは二回目です。2013年、GoogleはSamsung、SONY、HTC、Lenovo、Micromax、Spice等のAndroidスマホを販売するために、BK Modipromoted Spice Groupと提携してAndroidLandショップを出店したことがある。


当時、Spiceは、18ヶ月内に50軒のAndroidLandショップを開設すると企画したが、売れ行きが悪いため、結局開設したのは二店舗だけ。「テスト販売として、当時はまず二店舗を開設したが、その後は予定の目標に達しないため、この企画を進められなかった。」とSpiceのCEOは言った。


Googleはインドで単一ブランド営業許可を申し込むか、それともAppleとSamsungのように特許経営を採用するかはまだ分からない。インドでは、Samsungと小米も特許経営者が所有している。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018