x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Googleホワイトボード「Jamboard」5月発売

Surface Hubと競争する?グーグルの4Kホワイトボード「Jamboard」5月発売

編集者 星野 毅
2017.3.17 金曜日

jamboard

最近、Googleは再編した後の新製品ホワイトボード「jamboard」が今年5月に発売予定を正式に発表した。新製品ホワイトボード「Jamboard」は55インチ4Kスクリーン、Hangouts通話カメラ、HDMIとUSB接続端子を搭載する。マイクロソフトのSurface Hubと似て、ユーザーはクラウドサービスで書きと協力を手軽にできる。

jamboard

「Jamboard」は同時16タッチポイントを対応して、直観的に描くことができます。その他、手書きおよび形状認識とデジタルイレーザにサポートする。Google Castで内容間のストリームを行え、カメラとNFCなどの機能を搭載するので、会議とビデオ授業にとって、マイクロ以外のいい選択になれるかもしれない。

Jamboard

その他、「Jamboard」はパッシブ方式スタイラスとデジタルイレーザも搭載する。現場にいない参加者はiOS/Android対応のアプリを利用して、クラウドサービスで協力会議を参加できる。書いた内容は「Jamboard」に同期して、それから「G Suite」に保存する。


9000ドル(約103万円)から発売の値段が高いマイクロソフトの「Surface Hub」より、Googleの55インチ4Kホワイトボード「Jamboard」は5000ドル(約58万円)(管理手数料が年間600ドル)の低い価格から発売する予定です。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018