x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Googleストリート宇宙ステーション追加

行がなくても見える、Googleストリート国際宇宙ステーションを追加

編集者 星野 毅
2017.8.18 金曜日

大空の下の人々は、見渡すかぎりの空に好奇心をもっています。14世紀末中国の陶成道が自作のロケットで空に飛ぶを試すから、1969年人類が初めて月面着陸成功まで、そしていまでも、人々は依然としてを頭上にこの靑い世界への探求を止めなく、彼らは地球を離脱しようとして、異なる立場に立って世界を見渡したく、浩瀚広大な宇宙を見ようとします。それは人類の夢でありますが、実際には、すべての人は宇宙飛行士になって宇宙を見ることができません。でも今は、コンピュータのGoogleストリートビューで、あなたも宇宙飛行士の生活を体験することができるようになりました。

Googleストリートビュー

今年の七月に、Googleは正式に国際宇宙ステーション中の様子の360度画像を傘下のGoogle ストリートビューに追加しました。Googleによって、Google ストリートビューを通じて、恐らく一生国際宇宙ステーションに訪問するチャンスがないユーザーも思いきり15個の異なる客室から国際宇宙ステーションを観賞できます。


Google ストリートビューを開いて、コンピュータで地球の上約250マイルのところに漂うステーションを無料鑑賞することができます。洗面所から寝るところまで、宇宙飛行士の全部の日常生活を近距離で見えるようになりました。そしてGoogle ストリートビューが地球以外の場所を展示するのはこれが初めてです。


たとえ宇宙ステーションにある専門設備に分からなくても、心配する必要がありません!Googleはすでにそれに対する注釈を用意して、丸いアイコンをクリックすると、これが何かをわかることができます。そして、これらの注釈を通じて、宇宙飛行士は健康を保証するために何を食べるか、ステーションでどんな科学実験を行うかを分かることができます。

Google ストリートビュー

このプロジェクトの担当者のDeanna Yickはこう言いました:
もしかすると私たちは永遠に宇宙の中での生活と仕事することができない、しかし、宇宙飛行士になることを夢見た全ての人のために、その感覚を体験させることができます。


実際、宇宙の中で週囲環境を360°のパノラマ画像に採集するのは簡単ではない、それは路面採集のように、てっぺんに数多くのカメラが配備される採集車が周辺を採集だけの撮影方法とは違います。ステーションは無重力の環境にいて、画像採集のカメラは空中で不規則に漂って回転するからです。


そのため、Googleチームと画像採集担当のフランス宇宙飛行士トーマス・ペスケ氏は新しい採取方法を思い出しました。2本のパンジー縄で採集器を固定し、これを少しずつ調整し、全体の宇宙ステーションの光景を撮影することができます。約4ヶ月をかかって、トーマスはついにすべての写真を採集し、地球に送信した。最終的にこのような360°の完全な国際宇宙ステーションの光景を合成することができます。


今まで、Google ストリートチームは普通の人々に触れないパノラマ風景を提供することに力を尽くして、アルプス山脈とグレート・バリア・リーフの海底の山脈を含んで、これらの風景はこのチームが最も自慢なプロジェクトです。今後、Google ストリートサービスは月、火星、更に遥かな宇宙に推し進める可能性があるかどうかについて、Deanna Yickは今このような計画はないが、でももし今後、カメラを月あるいは火星に連れて行くことができれば、これは問題ないと言いました。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018