x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  Safari 重い

【Mac/iPhone】Safariが重い・遅いになった時の改善策

編集者 星野 毅
2017.8.4 金曜日

Safariはアップル社に開発されたブラウザで、Mac、iPhoneなどのデバイスにデフォルト搭載されています。Safariはその強い機能、スムーズな動作などのメリットでアップルのユーザーに愛用されています。しかしながら、時間が経つと、Safariのキャッシュなどのファイルはどんどん増えて、多くすぎればSafariが重い・遅い状態になります。そのまま整理しないと、パソコンやデバイスの動作を重くして、不良の影響を与える可能性もあります。だから、定時にSafari中身の不要なファイルを整理する必要があります。もしSafariが重い・遅い状態になったら、ご心配なく、数ステップだけで解決できます。


一、iPhoneのSafariが重い・遅いになった時の改善策


1、不要なタグを閉じましょう


iPhoneのSafariは最大27つのタグを開きますが、タブを起動すればiPhoneのメモリを占用しますので、不要なタグを閉じることがおすすめです。Safariの右下にあるボタンをタップして、「x」ボタンをタップすることで不要なタグを閉じます。完成した後、「完了」をタップすればいいです。

タグを閉じる

2、Safariのデータを消去しましょう


Safariのデータが多く過ぎた場合、中身のデータを整理して消去する必要があります。具体的なやり方は以下通りです:「設定」そして「Safari」をタップして、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップします。それから「履歴とデータを消去」を押すれば、Safariのデータは消去されます。

データを消去

二、MacのSafariが重い・遅いになった時の改善策



1、MacのSafariをリセットしましょう


MacのSafariはリセット機能を搭載しますので、手軽に中身のデータを削除することができます。Macで「Safari」を起動して、左上リンゴマーク隣の「Safari」そして「Safariをリセット」をクリックします。するとリセットしたい項目の選択画面が現れ、需要によって項目を選んでチェックに入れます。最後、「リセット」ボタンをクリックすれば、間もなくSafariのリセットが完成できます。

Safariをリセット

2、「MacMaster」でMacのSafariを整理しましょう


「MacMaster」はFonePawに開発されたMac専用のクリーンアップアプリケーションです。このアプリを使えば、Mac中の動作が遅くなるようなファイルを手軽に整理・クリーンすることで、システムを軽くにし、重くになったMacを高速化できます。Safariはもちろん、Macジャンクファイルの削除などにも対応し、ワンクリックでMacを整理してシステムを改善できます。


ステップ1、「MacMaster」をダウンロード・インストールする
まずはMacMasterをパソコンにダウンロードします。それからアプリをインストールした後起動します。

MacMaster


ステップ2、不要なSafariデータを選択して削除する
左のメニュー欄に「プライバシー保護」をクリックして、それから「Safari」を選択します。ここで「Cookie」、「ダウンロード履歴」、「ログイン履歴」などの項目にチェックを入れてください。最後、「クリーン」ボタンをクリックすればSafariのクリーンアップが完成します。

MacMaster 個人保護

Safariだけではなく、ほかのMacのブラウザのクッキーの削除も「MacMaster」を使えば手軽に解消できます。もしこの記事にについて評価、疑問などがあれば、ぜひご意見をコメント欄に残してください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018