x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  ロボット ホテル

無人化の流行に迎合 ロボットを活用してホテルを経営

編集者 馬井 殿人
2017.10.27 金曜日

普通のホテルに比べて、ロボットが接客する「変なホテル」の最大のメリットは人力です。必要な人力も少ないし、コストも低いです。AI業界が大人気になって以来、「ロボットが人間に取って代わるかどうか」はトップの話題になります。H.I.S.(エイチ・アイ・エス)のグループ会社は「ロボットは人間の代わりにローコストホテルを営業することができます」という事実を実際の行動で皆さんに伝えます。


2015年、HISは長崎県のハウステンボス内ロボットが接客する「変なホテル」の1号店を開業しました。受付と客室のサービス員は基本的にロボットです。72室のホテルがたった7名の本物の人間を従業員として配置することは信じられないでしょう。

変なホテル

この「変なホテル」は美人と恐竜、全部で三名の受付員があります。受付員は2種類の言語を習得するので、客と上手く交流することができます。それ以外、「変なホテル」内に、掃除用ロボット、荷物運びロボットまたはバーテンダーロボットなど各種のロボットが約140台あります。要するに、ロボットが使える場合は決して本物の人間を配置しないということです。

変なホテル

観光客のチェックインが交流しなくても構わないし、部屋の出入りも顔認証を採用できるし、客室の掃除もロボットを使えます。さらに、小さいなロボットを使用して部屋内の各種の電器を制御することもできます。例えば、ベッドに横になって「点灯」を叫ぶなら、電気が自動的に点灯します。中国で、アリババも「スマートホテル」を試しています。部屋で知能スピーカーを通じて電気とルームサービスコールを制御します。

変なホテル

今、「変なホテル」は東京ディズニー付近と愛知県で3軒があります。HISからの発表によると、「変なホテル」の入居率はおよそ90%で、なかなか高いです。東京、大阪、京都などの都市で「変なホテル」を10軒開業する計画も発表されました。それ以外、HIS会社は海外への拡張計画もあり、2018年に上海や台湾などの都市で「変なホテル」を開業する予定です。普通のホテルに比べて、ロボットが接客する「変なホテル」の最大のメリットは人力です。必要な人力も少ないし、コストも低いです。


2020年に開催される東京オリンピック競技大会は数百万の観光客を引きつけると予想されます。しかし、日本の深刻な高齢化のせいで、人手不足は旅行に関する各業界に影響を与えます。それに対して、政府は全面的「無人化」解決策を実行するつもりです。例えば、顔認証を採用する無人出入国審査、無人タクシーの運転、ロボットレストランなど。


「変なホテル」はちょうど無人化の流行に迎合します。ロボットを利用して人手不足問題を緩和でき、ホテル自身にとっても、ロボットを活用してより少ない従業員を雇用することでお金を節約できます。伝統のホテルと違って、様々なロボットを活用する「変なホテル」は従業員を訓練する必要はないので、効率を大幅に高めることは可能になります。


「変なホテル」公式からの発表によると、1号店の開業初期の従業員数は30人で、今は10人以下に下がりました。運営コストは同じレベルの伝統ホテルの三分の一~四分の一です。1軒の「変なホテル」の運営コストは約20-30億円で、投資収益率はなんと20%です。

変なホテル

入居の観光客にとって、「変なホテル」の料金は普通のホテルのたった三分の一です。消費水平が高い日本で、このホテルはいい選択です。しかも、それは新鮮な体験です。このホテルは人とのコミュニケーションを避けるので、コミュ障にとっての福音とも言えます。こう見ると、「変なホテル」の先行きは明るいですね。

接待ロボット

人工知能で従業員を代わることは時代の流れになりますが、多くの人はロボットの「サービスレベル」に疑問を持ちます。なんにせよ、現在のロボットの知能は本物の人間に及びません。基本的な仕事はまだ大丈夫ですが、万が一意外にあったら、本物の従業員の助けを求めなければなりません。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018