x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 写真 隠す

実用な小技―iPhoneの写真を隠す方法

編集者 星野 毅
2017.3.16 木曜日

現在、iPhone等のスマホは単なる通信機械ではなく、写真等いろんなプライベート情報も保存しています。iPhoneに保存されている写真は、他の人に見せたくない場合もありますね。実はこんな状況のために、iPhoneは写真に鍵をつけて非表示にする機能があります。この機能で、iphoneの見られたくない写真を手軽に非表示できます。


iPhoneの写真を隠す方法:
1、「写真」アプリを開き、「写真」のカテゴリーに右上の「選択」ボタンをタップする。
2、隠したい写真を選択した後、左下のボタンをタップする。
3、「非表示」ボタンを押すれば、選択した写真は非表示になります。

写真を非表示

隠した写真は「アルバム」の「非表示」フォルダーに保存します。では次にiPhoneの非表示した写真を再表示する方法を説明します。


iPhoneの隠した写真を再表示する方法
1、「写真」アプリの「アルバム」カテゴリーを開き、「非表示」のフォルダーを押す。
2、その後、再表示したい写真を「選択」ボタンで選んで、左下のボタンをタップする。
3、「再表示」をタップすれば、写真は元のところに表示する。

写真を再表示

以上はiPhoneの写真を隠す/再表示する方法です。しかしこの方法は写真をモーメント・コレクション・年別などに隠すことができますが、もしアルバムが開かれたら、中にはそれらの写真を表示しますので、ご注意ください。


以上紹介した方法以外、「Google フォト」、「Dropbox」などの写真管理アプリでもiPhoneの写真を隠すこともできます。ちらみに、もしiPhoneに保存した写真をパソコンや他のデバイスに転送しようとすると、「iPhone転送」というソフトがおすすめです。このソフトはiPhoneのデータ転送対応のパソコンソフトで、iPhoneだけでなくiOSデバイスにサポートできます。このソフトを使えば、使い方が複雑なiTunesを使わず、写真をパソコンに移しパソコンからiPhoneに音楽を入れるなどの操作も手軽にできます。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018