x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  ハイエンドスマホ「Essential」の噂

iPhoneと対抗できるハイエンドスマホは「Android」生みの親に連れてくるか?

編集者 星野 毅
2017.1.19 木曜日

Andy Rubin、「Android」生みの親です。

Andy Rubin

海外のメディアより、二年前にGoogle社を離れた「Android」生みの親―Andy Rubin氏は新たな創業した企業EssentialのCEOを就任することが公開しました。その他、Rubin氏はiOSやAndroidを搭載する高性能デバイスと対抗できるハイエンドスマートフォンを持ってくる噂もあります。

Andy Rubin

2014年10月、Andy Rubin氏はGoogle社のandroid部門を離れて、ロボット部門を統括しました。その六か月後、彼はハードウェア新興企業の育成を目指す新企業Playground Global LLCを創立、創立した後間もなく、新企業Playground Global LLCはGoogle、Sharpなど大手企業の総計4800万ドルの投資を得ました。

Playground Global LLC

Andy Rubin氏以上の動きは、実は今回復帰ための準備かもしれません。

Andy Rubin

2015年11月、彼はアメリカにEssentialという名の企業を登記しました、登記した企業の業務範囲はスマートフォン、タブレットと「スマートフォン向けのコンピューター操作システム」。しかしプラントとしての「Essential」は、去年の年末に登記されたばかりです。

これはEssentialはスマホプラントだけでなく、スマホを重心とするハードウェア会社かもしれないことを意味しています。海外の消息筋より、Essentialはハイエンドなハードウェアに専念して、iOSやAndroidを搭載する高性能デバイスと対抗できるハイエンドスマートフォンを開発することを目指しています。プロトタイプデバイスはiPhone7sより大きなスクリーンを採用、本体はフリーフォームディスプレイを採用するかもしれません。それから、このデバイスは指を加える圧力によって異なる反応をする3D Touchに似てる機能を搭載します。

Essential

ハードウェアの面に、この試作品はクアルコム最新の835 CPUを採用する情報があります。近日、ハードウェアの性能テストサイトGeekBench はとあるテストデータが現れました。このデータはクアルコム最新の835 CPUを搭載する新しいデバイスから生まれて、その試作コードは「Essential FIH-PM1」。これは噂の「Essential」新型スマートフォンと思う人も多いです。

テストデータ

しかし、Andy Rubin氏はこの噂に対する答えが今まだありません。Bloombergの情報によると、Rubin氏はEssentialの立ち上げるため、Google、Apple、サムスンの元従業員を幹部に迎えたという。「Essential」に関する新たの進展も遠くはないでしょう。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018