x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 容量 増やす

iPhoneの容量を増やす方法

編集者 星野 毅
2016.6.16 木曜日

使う時間が増えるとともに、iPhoneの容量は小さくなるのが珍しくないことです。その原因は撮った写真、ダウンロードした音楽とSNSアプリなどがiPhoneの空き容量を占めるからです。特に16GB版のiPhoneは気付かないなら、容量がすぐ満たされます。容量が満ちたら、新しいアプリをインストールできなく、写真を撮ったこともできなくなります、iPhoneの動作にある程度の影響を与えるかもしれません。だから、今回はiPhoneの容量を増やす方法を紹介します。


iPhoneは容量固定なので、SDカード付きなどの方法で容量の増加ができません。だから、iPhoneの容量を増やしたいならば、中のデータを他のところに転送すること以外の方法はありません。今回紹介する方法はiPhoneのデータ転送専用ソフト「iPhone転送」を利用することです。「iPhone転送」は専門的で効率的なiOSデバイスデータ転送及び管理ソフトです。「iPhone転送」を使えば、iPhoneの空き容量を増やすことができる他に、iPhoneを便利に管理するのもできます。操作は簡単で、初心者でも使えるので、ぜひ「iPhone転送」を試みてください!


ダウンロードダウンロード

iPhoneの容量を増やす方法



ステップ1、まず、「iPhone転送」をダウンロードしてインストールします。その後ソフトを開き、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

iPhoneを接続

画面左のメニューから、「メディア」、「写真」、「連絡先」などiPhoneの情報が見えます。あまり使わないファイルを削除やパソコンに転送すれば、iPhoneの空き容量を増やせます。将来そのファイルがまた役に立つかもしれませんので、ここはパソコンに転送することがおすすめです。


ステップ2、あまり使わないファイルを選択して、「エクスポート」から「PCへエクスポート」をクリックすれば、選択されたデータはパソコンに転送されます。

データを転送

iPhone転送」はこの簡単な二ステップの操作で、普段使わないファイルをパソコンに転送することでiPhoneの容量を増やすのができます。iPhoneの空き容量を増やせれば、iPhoneをより快適に使えます。「iPhone転送」はiPhoneの容量を増やすことができるだけでなく、iPadの写真をPCにバックアップなどいろんなこともできます。iOSデバイスユーザーには「iPhone転送」がおすすめです、興味があればぜひ試みてください!


ダウンロードダウンロード
関連記事
iPhone 容量 増やす

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018