x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iOS 11新機能

アップルiOS 11新機能:P2PによるApple Pay搭載

編集者 星野 毅
2017.5.12 金曜日

今年のAppleのWWDC(Worldwide Developers Conference)大会は6月5日にアメリカのカリフォルニア州で開催する予定で、その時iOS 11も正式に公開される。アップルのガードは以前と比べて、だいぶ緩くになったようで、iOS 11はまだ公開されないが、既にさまざまな噂は流出された。

iPhone

最近、いくつのiOS 11新機能の情報は米国掲示板redditユーザーCyanhatから流出された。当スレは既に削除されたが、その情報からiOS 11一部の新機能が見える。


FaceTime AudioはiOS 11中でのユーザー間デフォルト通話アプリになる。iMessageで一般的のSMSメッセージを代わると同じ、iOS 11では、ユーザー同士間での通話は従来な電話ではなく、FaceTime Audioに通じて行う。伝統的な通話と比べれば、FaceTime AudioはLTEを利用できるので、より高品質の通話ができる。


また、CyanhatはiOS 11の重要な一つ新機能を公開した、それはP2PによるApple Payの搭載。iMessageにも機能拡張が追加され、iOSユーザー同士の間ではiMessage経由で金を送るや受けることが可能になる。その他、Walletアプリの名前をPayに変え、Venmoのようなソーシャル機能を追加する情報もあります。


最後、iOS 11は省エネの面に新しいアルゴリズムを採用して、省エネ機能はより知能的になる。アップルもこれによって新たな省エネ機能を開発したという。これらの新機能についての詳細は、来月のWWDCで分かるでしょう。iOS 11のベータ版も6月で公開されるそうで、上記の新機能も、その時で実際体験できるかもしれない。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018