x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iOS 11 リリース

iOS 11正式リリース:iPhone 5s以降がアップデートできる

編集者 馬井 殿人
2017.10.6 金曜日

9月20日、Apple(アップル)社は最新のiOS 11システムを正式に発表しました。今回のアップデートはほとんどグローバル同期です。AppleもiOS 11に対応できるモデルを同時に公開しました。iPhone 5sはiOS 11に対応できる最も古い機種です。

iOS 11

Apple公式サイトの情報によると、iPhone 5s以降のモデルがiOS11にアップデートできます。タブレットの場合、iPad 4は唯一iOS 11にアップデートできないデバイスです。それ以外、第六世代のiPod TouchもiOS 11に対応します。iOSシステムをアップデートしている時容量不足問題がよくあり、iOS 11にアップデートするために十分なスペースを用意してください。


この前、iOS 10の9月シェア状况を分析した会社があります。データによると、iOS 10の使用率は既に89%になり、およそ9%のユーザーがまだiOS 9を使用しています。iOS 9以前の古いシステムを使用しているユーザーがほとんどいません。


これらのサンプルデータはAppleのApp Storeから採取されたので、一定程度信頼できます。しかし、今までの慣例によって、Appleの新しいシステムが発表されたら、古いシステムから多くのユーザーを奪えます。iOS 11もiOS 10のシェアをたくさん吸収するだろう。


iOS 11の目立つ新機能


コントロールセンターのカスタマイズが可能


iPhoneのホーム画面で下から上にワイプすれば、コントロールセンターが表示されます。iOS11ではコントロールセンターのデザインが変わり、すべてのコントロールを一つのスクリーンに収めるほか、目覚まし時計やストップウオッチなどの機能を自由にカスタマイズできます。コントロールセンターでマークを長押しすれば、対応の設定ページに遷移できます。


拡張現実(AR)


iOS 11にアップデートしたiPhone/iPadは拡張現実(AR)技術を搭載し、現実の風景上に仮想的なコンテンツを重ねることが可能です。そのおかげで、様々なゲームとアプリがスクリーンの制限を超えてユーザーに映画のような臨場感を与えます。

拡張現実(AR)

Siri


iOS 11でSiriを使用して英語のフレーズを中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に翻訳することができます。Siriと音声会話をしたくない場合、Siriの文字入力新機能を使ってください。「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「Siri」の順でタップし、「Siriにタイプ入力」のスイッチをオンにして設定を有効にします。

Siri

カメラのアップデート


iOS 11でiPhoneの内蔵カメラはQRコードの読み取り機能を搭載し、QRコードを自動的に認識することができます。「設定」>「カメラ」で「QRコードをスキャン」のスイッチをオンしてください。それ以外、カメラを使って写真を撮る時、フィルターを直接に選択できます。だから、写真を撮る前にフィルターの効果をプレビュー可能です。iOS 11のカメラには9つのフィルターが内蔵されます。

カメラ

Live Photos


iOS 11のLive Photosで、「ループ」、「バウンス」、「長時間露光」3つのモードが追加されます。「長時間露光」モードは流れている河や夜の観覧車や夜の道路などのシーンによく似合います。それ以外、iOS 11で写真をGIF動画に直接変換することもできます。こうやって相手がiPhoneユーザーがどうかを関わらず、自分が作成したGIFを友達と共有可能です。

Live Photos

App Store


iOS 11で、App Storeのデザインが変更されました。「Today」、「ゲーム」、「アプリ」タブがあり、または有料と無料アプリ、人気があるアプリなどすべてを別々に確認できます。こうやって、アプリを見つけることがやすくなります。

「運転中の通知を停止」モード


USBケーブル或いはBluetoothを介してiPhoneを自動車に接続したら、車内にいることが検知され、iPhoneの通知がオフになります。もちろん、このモードが手動的に設定できます。iPhoneのコントロールセンターで車アイコンでオン/オフを切り替えることができます。「運転中の通知を停止」モードを解除すると通知が来ます。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018