x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone アプリ 消えた

iPhoneのアプリが消えた時の最適な復活方法

編集者 星野 毅
2016.5.18 水曜日

「ああ...どうしていきなりアプリがなくなった...」
安定の面で名高いなiOSを搭載するiPhoneも、システムがエラーが出る場合も少なくないそうです。そのエラーの一つは、iPhoneにインストールしたアプリが原因不明で消えたことです。皆さんはこの状況に遭う経験がありますか?皆さんはどう解決しましたか?解決方法が知らない方がいるかもしれないので、今回はこの問題について、iPhoneのアプリが消えた時最適な復活方法を紹介します。


方法一:
iPhoneのアプリが消えた場合、アプリが削除されたと考えられます。「App Store」で再ダウンロードしてインストールすればいいと思います。

1.「App Store」を開き、右下にある「アップデート」をタップします。

Appストア

2.「アップデート」の中に、「購入済み」をタップして、そして「すべて」をタップします。

購入済みをタップ

3.この画面にすべての購入したアプリが見つけられます、その消えたアプリを見つけます。そのアプリ右の雲のようなアイコンをタップすることで再度ダウンロードしてインストールすれば復活して利用できます。

購入済みアプリ

方法二:
iTunesを実行する後、消えたアプリをiTunesで検索します。そして再度ダウンロードして、iPhoneにインストールすれば利用できます。

iTunesで検索
アプリダウンロード

方法三:
iTunesでそのアプリをバックアップした方は、iTunesで消えたアプリを復活することができます。


まずiTunesを開き、そしてiPhoneとバックアップを行ったパソコンを接続します。「バックアップ」の中に、「このコンピューター」を選択して、「バックアップを復元」をクリックすれば、前回バックアップのデータとアプリなどのデータが復活できます。

バックアップから復活

*この方法で前回バックアップした後のiPhoneのデータがなくなりました、ご注意ください!


以上はiPhoneの消えたアプリを復活する最適な方法です。もし以上の方法で解決できないと、Appleの公式サポートに相談したほうがいいかもしれません。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018