x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone ブルースクリーン

iPhoneはブルースクリーンになる時の解決方法

編集者 星野 毅
2017.1.22 日曜日

皆さんはiPhoneを利用している時、スクリーンは突然にブルーになり、ぜんぜん動けない場合に遭うことがありますか?この状態は「ブルースクリーン(通称:死の青い画面)」と呼ばれ、スクリーンは真っ青になり、どのボタンを押しでも反応がなく、文鎮化みたいな状態になります。その原因はいろいろあり、iPhoneのデフォルトアプリ「iWork」にエラーがあれば発生する噂がありますが、確実の原因は今まだわかりません。


一般には、iPhoneを再起動することでブルースクリーンになったiPhoneを修復できます。それでもダメならリカバリーモードに入って、iTunesでiPhoneを復元できます。しかし、事前にバックアップをしないと、iTunesで復元をする方法はiPhone中にあるデータがすべて消されます。大切なデータはなくなったのは大変ですね。なら、データを消さずにiPhoneブルースクリーンを修復できる方法はありますか?


強力なシステム修復ソフト——「iOSシステム修復」をお勧めします。このソフトを使えば2ステップでブルースクリーンになったiPhoneを正常使用できる状態に修復できます。ブルースクリーンだけでなく、リンゴループなどの異常状態も手軽に修復できますので、必要があればソフトをダウンロードして使ってみてください。

iPhoneのブルースクリーンを解除する方法




ステップ1、パソコンにダウンロード・インストールされた後の「iOSシステム修復」を起動してください。それからブルースクリーンになったiPhoneをパソコンと接続します。その後、パソコンでソフトの提示に従って、「スタート」→「確認」の順でをクリックします。

iPhoneを接続

ステップ2、すると、ソフトはお持ちデバイスの情報を表示します。デバイスの背面からモデル番号などの情報をチェックして、ソフトの情報と確認した後「修復」ボタンをクリックします。これで修復が始まり、「修復が完了」の提示が現れる前に少々お待ちください。完成したら、デバイスを再起動した後正常に利用できます。

修復完了

「iOSシステム修復」は二つの修復モードがあり、もし普通の修復モードで修復できないなら、高級修復モードを試みてください。それからシステムエラーの可能性を下げるため、普段は最適化アプリを使って、iPhoneを管理することをおすすめします。


関連記事
iPhone ブルースクリーン

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018