x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone ブルートゥース

iPhoneをブルートゥースデバイスと接続する方法

編集者 星野 毅
2017.1.31 火曜日

iPhone、iPodなどのiOSデバイスはルートゥース機能もあります。最近、ブルートゥース搭載のイヤホン、ポータブルステレオなどの無線デバイスが増えています。これらのブルートゥース搭載のデバイスはとても便利で、iPhoneと無線で接続して、直接利用することができます。特に、最近はアップル社の豊かで質の高いAACオーディオに対応するAirPodsが人気が集めています。他のブルートゥースイヤホンより、AirPodsの方はサイズが小さく、電話やiOSデバイス専用のSiriもタップだけで起動できるなどのメリットがありますので、多くのユーザーの注目を集めています。イヤホンの他に、無線プリンター・ステレオなどのデイバスもブルートゥースで便利になれます。


一、iPhoneをAirPodsと接続する方法



ステップ1、iPhoneのブルートゥース機能をオンにします。
ホーム画面に、スクリーンの下部からスライドして、コントロールパネルを開きます。そしてブルートゥースのアイコンをタップしすれば、ブルートゥースは起動します。

ブルートゥース起動

ステップ2、iPhoneをAirPodsと接続します。
AirPodsをiPhoneの近くでふたを開くと、iPhoneにはAirPods接続の提示動画が自動に放送します。その後「接続」ボタンをタップして、しばらく待てばAirPodsの情報をiPhoneに表示され、「完了」をタップすると、IPhoneはAirPodsと接続することが完成です。

提示動画
接続完了

二、iPhoneをブルートゥースデバイスと接続する方法



ステップ1、iPhoneで「設定」を開き、「Bluetooth」をタップして入ります。その後、「Bluetooth」をオンにします。すると、画面はブルートゥースデバイスが表示、そのデバイスの名前をタップして接続します。「接続済み」の提示と表示され、設定が完了です。(デバイスによって、PINコードの入力を求められる場合があります。)

設定

ステップ2、接続が成功した後、コントロールパネルを開けば、そこに接続中のブルートゥースデバイスの名前が表示されます。

接続完了

以上です。ブルートゥースデバイスはとても便利で、iPhoneやスマホだけでコントロールすることができます。皆さんはもし興味があれば、ぜひその便利さを体験してください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018