x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone 画面 暗くする

iPhone画面の明るさを調整するやり方

編集者 星野 毅
2017.4.18 火曜日

太陽の下にiPhoneを利用する時、画面を明るくしないと、画面をはっきり見えません。逆に夜にiPhoneを使う時、画面を暗くしないと眩しいですよね。実はiPhoneは画面の明るさを自動調整機能が搭載するので、iPhoneは周りの光線によって、自動に画面の明るさを調節できます。もちろん手動でiPhoneの画面明るさを調整することも可能です、画面の明るさは電池の消耗にもかかわるので、画面を暗くにするには電池がより長持ちでき、さらにディスプレイの寿命を伸ばすことにも有効です。本記事はiPhone画面の明るさ調整について紹介します。


一、「明るさの自動調節」機能を起動する



iPhoneを利用してる時、明るい或は暗いのところで画面の明るさは自動に調整出来ない場合、「明るさの自動調節」機能が閉じされたと考えます。では次は「明るさの自動調節」機能をオンにする方法を紹介します。


「設定」から「画面表示と明るさ」をタップして、「明るさの自動調節」をオンにすれば、「画面表示と明るさ」は起動されます。これでiPhoneは周りの光によって、自動に画面の明るさを調整できます。

明るさの自動調節

二、コントロールパネルに明るさを手動で調整する



手動で画面の明るさを調整したいなら、まず画面の下にタップして上にスライドして、コントロールパネルを起動します。明るさ調整の欄に、ボタンを左や右移動することで、明るさを需要によって調整することができます、もし画面を暗くにしたいなら、左に移動してください。でもその後iPhone画面がロックされたら、明るさはシステムの自動調整に戻ります。

手動調整

三、「Night Shift」で画面の明るさを調節する



もしiPhone画面の色が眩しいだと思えば、「Night Shift」で画面の色を暖かくすることができます。「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」の順でタップして、「Night Shift」の設定画面に入ります。「時間指定」に「Night Shift」の開始と終了の時間を設定できます。「色温度」にボタンを移動して「Night Shift」の色の温度を調整できます。もし「Night Shift」を一時的に使いたいなら、「手動で明日まで有効にする」をオンにします。

Night Shift

画面の暗くにすると、iPhoneの電池やディスプレイにいい影響がありますので、画面がはっきり見える前提で画面を暗くにするのがお勧めです。本サイトはiPhoneの文字フォントを変えるなどのiPhoneを上手く使える記事がたくさんありますので、ご興味があれば、ぜひ読んでみてください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018