x
  ホーム  |  ヘルプ  |  チュートリアル  |  iPhone バースト

iPhoneバースト機能の使い方

編集者 馬井 殿人
2017.10.18 水曜日

iPhoneのバースト、または連写機能は、写真を連続撮る機能で、iOS 7からiPhoneのカメラアプリに導入されており、iPhone 5s/6/6s/7/8/Xなどのモデルに適用しています。この機能は毎秒10枚連続で最大99枚の写真を撮影できます。iPhoneのバースト機能は失敗したくない写真、また動く瞬間を撮影したいときによく使われます。ここからはその詳しい使い方を紹介します。


1.カメラアプリを開き、写真撮影に入ります。画面下のバーにビデオ、写真、スクエア、パノラマなどが表示されます。その中写真とスクエアも写真を撮影できますが、写真のサイズが異なります。ビデオとは動画撮影のことで、パノラマとは全体の景色を撮影することです。以上の中にバースト機能を使えるのは写真とスクエアのみです。

写真アプリ

2.写真撮影する時、シャッターボタンを長押しすると、バースト写真が取れます。長押ししている間連写は続けますし、シャッター音も鳴り続けます。
※バーストモードは基本オフできません。


3.撮影される写真は、写真アプリから確認できます。写真アプリから「バースト」のアルバムに入り、バースト写真その中には重ねて表示されているので、確認したい写真を選んだ後、画面下のバーの「選択」をタップすれば、撮影されるすべてのバースト写真のサムネイルがカメラロールに表示されます。

写真確認

その中からお気に入りの写真を選択して、右上にある「完了」をタップし、表示される画面から「すべて残す」もしくは「○枚のお気に入りのみ残す」を選択します。すべてを残したとしても、完了後の画面で右下のゴミ箱マークをタップすれば、さきほど選択したもの以外の写真を削除することができます。

写真選択
写真選択

以上はiPhoneカメラバースト機能の使い方です。運動など時の写真を撮りたいなら、この機能を使えば簡単に写真を連射でき、お役に立てると思います。本記事について何かのご質問やご意見がありましたら、ぜひコメントを残してください。

関連記事

iPhone-Data-Recovery.jp is made by FonePaw ©2018